| PAGE-SELECT | NEXT ≫

CentOS LinuxにWebM/VP8組込みのFFmpegをインストール


このエントリーをはてなブックマークに追加


The WebM project

1-2ヶ月くらいまえでしょうか。もともとVP8という動画圧縮技術などをもっていたOn2を買収したGoogleが、VP8をWebMとしてフリーで公開するようになりました。
Flashは今アップルがいろいろ問題にしてますし、H.264は個人はある程度無料で使えますが大きく使うとライセンス問題などいろいろあり、OggやTheoraはオープンソースだけど圧縮率が低くて使い物にならない。圧縮率が高く、かつオープンな動画圧縮技術ということで、GoogleによるVP8のオープン化はHTML5の標準動画形式の福音となる可能性があります。
WebMにも問題がないわけではなさそうですが、他にオープンで良いものがあるわけではないので、期待が膨らみます。
GoogleはWEBM公開日に、すぐにプリポストとして有名、優秀なFFmpegに対応したパッチがでたので、コンパイルするしかありません!

とはいいながら公開されてすぐにパッチあててWEBM組み込んでインストールを行うことができて、それをブログのエントリーにしようとしていました。 しかし、もたもたしている間に今はFFMPEG側で対応が進んでパッチもいらなくなり、パッチ当てた方法を書いてもあまり意味がなくなってしまいました。 でもインストールはずっと楽になりました。 奇をてらったことをしなければ普通に./configure, makeだけでコンパイル、インストールできてしまいます。 なので余り意味がないきもしますが、昔エントリーしたのもありますので、遅ればせながら備忘録として、CentOSでのFFMPEGのインストール、コンパイル方法についてまとめます。

以前の記事

≫ 続きを読む



このエントリーをはてなブックマークに追加





このカテゴリの最新記事一覧


| ―Linux | 22時57分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

【Linux】 1秒ごとにドットを打つだけのスクリプト


このエントリーをはてなブックマークに追加


20100406-dot.png

自分のマシンには入っているけど、外のプレーンな環境で使うことがあるかと思って。大したスクリプトじゃないからすぐ作れるけど、その場で一回一回つくるのは面倒なので、ここに書いておきます。
ただ、1秒ごとにドット(.)を打って、10秒ごとに(+)を打って、60秒ごとに改行するだけです。

実行した後、ぼっとしてるとどんだけ時間を無駄に過ごしたかをビジュアルに理解できる嫌なメリットがあります。

≫ 続きを読む



このエントリーをはてなブックマークに追加





このカテゴリの最新記事一覧


| ―Linux | 20時44分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

NILFS2というLinuxの新ファイルシステムを試す 【Twitterまとめ】


このエントリーをはてなブックマークに追加


NTTデータが作った、NILFS2っていうファイルシステム http://j.mp/dEPN6 、試しに入れてみたけど巷で言われるほど速くない。まあ普通。スナップの機能はまだ使って無いけど、速度も兼ね備えたら他のファイルシステムを抜いてぶっちぎりに良くなりそう。
NILFS2はデータじゃなかった。 NTTサイバースペース研究所だった。
先日インストールしてみたけど、簡単にインストールできるって書いてあるけど、インストールで色々トラップがあって結局リコンパイル。開発中だからしょうがないけど。
日本発だし、Linux Kernelに組み込まれるの決まったみたいだし、まずは安定化といいたいがまずは高速化。その次に目的のスナップ機能、次に安定化って順にすると、注目度があがると思う。 SSDでたまたま高速化したから注目されたしね。そういうのはあるよ

≫ 続きを読む



このエントリーをはてなブックマークに追加





このカテゴリの最新記事一覧


| ―Linux | 00時00分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

【Linux小技】Linux のメモリキャッシュを解放させてみる


このエントリーをはてなブックマークに追加


20091001-memory2.jpg

 昨日はてブであがったこちらの記事がとっても気になったので、自分のマシンでも本当になるかどうか確認してみました。
  • Linux のメモリキャッシュをクリアする | futuremixはてなコメントへのリンク


  • この記事では、このメモリキャッシュを開放する機能はLinux kernel 2.6.16以上であれば大丈夫とのこと。RedHat EL5やCentOS5は、kernel 2.6.18を使ってるので利用できそうです。 というわけで、確認する手間も大してかからないので早速チャレンジ。
    (ちなみにx86_64版を使ってます)

    カテゴリ【Linux小技】

    ≫ 続きを読む



    このエントリーをはてなブックマークに追加





    このカテゴリの最新記事一覧


    | ―Linux | 21時28分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

    【Linux小技】 scp(ssh)での暗号化方式の違いによる転送速度ベンチマーク


    このエントリーをはてなブックマークに追加


    20090908-scp2.jpg

    目的 

     ホスト間のファイルのコピーは、セキュリティの問題もあってscpやsftpは普通で良く使うのですが、特に大きなファイルを転送しようとすると、同じギガビットイーサネットスイッチに二つのホストを繋いでいてもなぜか50MB/sくらいしかなりません。何か設定がおかしいかといろいろ試したのですが、ftpで転送すると普通に100MB/s出ることから、どうやらssh側の制限らしいことまでは突き止めました。

    色々調べていくと、今のsshの場合は送信時に暗号化方式をいくつか選択することができ、暗号化方式によっても転送速度が異なるようです。たぶん暗号化と復号にCPUを使っているからでしょうか。

    理屈はまあ脇に置いておいて、取り急ぎは暗号強度は無視して転送速度を確認したいです。というわけで、暗号方式の違いによる転送速度を比較してみました。

    ≫ 続きを読む



    このエントリーをはてなブックマークに追加





    このカテゴリの最新記事一覧


    | ―Linux | 21時00分 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

    【Linux小技】 CentOS5.3でext4を試す


    このエントリーをはてなブックマークに追加


    カテゴリ【知ったか考察―Linux小技】
    linux kernel-2.6.29から使われることになった、新マスコットのタスマニアン・デビル。 クチバシだけペンギンを偽装しているけど、これが所謂キモカワと言うのでしょうか? 微妙だ。

    CentOS5.3からext4のdevelop版というかテクノロジープレビューが同梱されたようです。 RedHatのページに書いてありました。
    http://www.jp.redhat.com/magazine/jp/200901/rhel.html


    このページを読むと・・・
    例えば、RHEL 5.3ではext4がテクノロジプレビューで同梱されたので、Red Hat Network経由で利用することはできますが、問題が発生した場合であっても、ext4に対するサポートは提供されません。 もちろんバグ報告等のフィードバックやbugzillaを利用することは歓迎されており、アップストリームにて修正や検討がなされます。

    まあ、使ってみない事には話にならないので、何はともあれインストールです。
    一応、CentOS5.2から5.3にアップデートしてれば問題ないです。
    特にkernelはkernel-2.6.18-128.el5がないとext4が対応できませんでした(当たりまえですが)

    というわけで、とりあえずインストールです。
    カテゴリ【知ったか考察―Linux小技】

    ≫ 続きを読む



    このエントリーをはてなブックマークに追加





    このカテゴリの最新記事一覧


    | ―Linux | 20時00分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

    CentOS 5.3リリース


    このエントリーをはてなブックマークに追加


    centos icon centos logo

    やっと出た。長かった・・・・

    http://isoredirect.centos.org/centos/5/isos/x86_64/


    このエントリーをはてなブックマークに追加





    このカテゴリの最新記事一覧


    | ―Linux | 17時04分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

    【Linxu小技】 USBメモリのFATラベルを変更する方法


    このエントリーをはてなブックマークに追加


    はじめに

    CentOS5とかRedHat EL5でUSBメモリつけることがありますが、オートマウントをONにしてると/media/(LABEL NAME)というかたちでマウントポイントが作られます。オートマウントは便利なのですが、マウントポイントがUSBメモリにつけられたFATラベル名になり、それが自動的に指定されるため、変更したくてもどうやっていいかわかりませんでした。
    そこで、USBメモリのFATのラベル名をLinuxから変更した記録を書いておきます。 

    ≫ 続きを読む



    このエントリーをはてなブックマークに追加





    このカテゴリの最新記事一覧


    | ―Linux | 20時42分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

    CentOS5.2で今のところ最新のffmpeg r15845をコンパイル


    このエントリーをはてなブックマークに追加


    20081117-ffmpeg-logo.png


    追記:最新記事。
  • CentOS LinuxにWebM/VP8組込みのFFmpegをインストール 2010/06/26




  • 作業マシンのOSを再インストールしてCentOS 5.2 x86_64にしました。今までの環境をコピーして使おうと思ったのですが、まっさらな新しい環境はなかなか手に入らないので、ついでに最新のffmpegをコンパイルしました。その備忘録です。

    前提条件

    • CentOS 5.2 x86_64を利用
    • OSはほぼフルインストール
    • gccはCentOS5.2付属のgcc4.1.2を利用 (最新のgcc4.3.2は今回は使わない)
    • 普通に/usr/localにインストール
    • 追加ライブラリは最低限H.264とFLVとxvidが扱えればよい (全部入りは面倒)
    • x264でmp4コンテナを利用可能にする
    • 執筆時(2008年11月17日時点)の最新状態にする
    使ったソフトウエア、ライブラリ
     - faac-1.26.tar.gz              (LC-AACのencode/decode)
     - faad2-2.6.1.tar.gz            (HE-AACのdecode)
     - lame-398-2.tar.gz             (MP3のencode/decode)
     - yasm-0.7.2.tar.gz             (x264の高速化)
     - xvidcore-1.1.3.tar.gz         (xvidのencode/decode)
     - git-1.6.0.4.tar.bz2          (バージョン管理ソフト、x264の最新版のDLに必要)
     - gpac-0.4.4.tar.gz            (MP4コンテナを作るのに必要)
     - x264 r1028                   (H.264のencode/decode)
     - ffmpeg r15845                 (FFMPEG 本体)
    

    ≫ 続きを読む



    このエントリーをはてなブックマークに追加





    このカテゴリの最新記事一覧


    | ―Linux | 22時30分 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

    【Linux小技】 sshやscpをパスワードなしで利用する方法 (複数台サーバ対応スクリプト付)


    このエントリーをはてなブックマークに追加


    今まで、 rootアカウントでrshを利用する方法や、 rootアカウントでtelnetを利用する方法 を紹介しましたが、今回はsshをパスワードなしで利用する方法です。

    基本的にはCentOS5やCentOS4や同等のRedHat ELで確認してます(たぶん他のOSでも問題ないと思いますが・・・)

    sshなので、一般ユーザおよびrootでも使うことができます。

    カテゴリ【知ったか考察―Linux小技】

    ≫ 続きを読む



    このエントリーをはてなブックマークに追加





    このカテゴリの最新記事一覧


    | ―Linux | 16時07分 | comments:0 | trackbacks:1 | TOP↑

    | PAGE-SELECT | PREV ≫