2007年12月 | ARCHIVE-SELECT | 2008年02月

スポンサーサイト


このエントリーをはてなブックマークに追加


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


このエントリーをはてなブックマークに追加





このカテゴリの最新記事一覧


| スポンサー広告 | --時--分 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

下位互換性をどこまで保つか


このエントリーをはてなブックマークに追加


下位互換性をどこまで保つか

前回の記事で、MacBook Airが光メディアがオプションになったと書いたが、ジョブズが復帰してからのAppleはOS Xへの移行やIntel CPUへの移行など、同じようなことを他でもやっている。ジョブズの未来を具現化する能力があるのは有名だけど、長年親しまていたが先のない技術を、遠慮なく切り捨ててしまえる能力も持ち合わせているとも言えると思います。

初代iMacが出たときFDDが切り捨てられたのに、かなりの衝撃をうけたのを覚えている。そのため、外付けUSB FDDが結構はやってiMacユーザはみんな買っていた記憶がある。当時はMOやCD-Rが出始めのときで、FDでは確かに容量不足は否めなかったけど、全てのPCにはFDが搭載されていたし、無ければならないものと思われていた。それを平気で切り捨てれるところが凄すぎです。

ただこれらはまだ救済策があるだけましで、スカリーに切られる前のジョブズはもっとラジカルで、AppleII、AppleIII、Macintoshはすべて互換性がなく、その後も18か月毎に相互に互換性のない製品を発表していく予定だったらしい。それに比べれば復帰後の話はかなりマイルドです。

ちなみにMacBook Airは IEEE1394ポートも無くなる見たいですね。容赦ないです。
スポンサーサイト


このエントリーをはてなブックマークに追加





このカテゴリの最新記事一覧


| ―HDD, NAND, 次世代DVD | 00時29分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

ブルーレイの終わりの始まり


このエントリーをはてなブックマークに追加


ブルーレイの終わりの始まり

technobahn でHD DVDプレイヤーの販売が事実上販売停止との記事が出ました。
「米国市場でHD DVDプレイヤーの販売数が激減、事実上の販売停止状態に 08/1/27」
【Technobahn 2008/1/27 01:55】
 米市場調査会社NPDの調べにより1月6日~12日の週に米国市場で販売されたHD DVDプレイヤーの数は前週比88%減の1758台になっていたことが25日、同社の発表により明らかとなった。
 競合するブルレイ・プレイヤーの販売数は2万1770台で、HD DVDプレイヤーの12倍に達した。

1月初頭のワーナーの発表で予想は出来ていましたが、数字としても結果が出てきました。今年は、BD一色になっていくでしょう。
とはいえ、光ディスク全体が安泰ではないのも事実です。とうとうMacBook Airでは光ディスクドライブがオプションになってしまいました。

最近、池田信夫氏の「過剰と破壊の経済学―「ムーアの法則」で何が変わるのか? 」を読みました。その中で、半導体のムーアの法則の2年で2倍の性能向上という指数関数的増大に付いて行けなければ、すべて半導体に取って替わられてしまうもと読み取れました。
HDDは現在も2年で2倍の容量アップを守っています。

自分の経験からいえば、CD-Rドライブを買ったのは1998か99年で、当時のパソコン用に6.4GBのIDE HDDを1万強で増設した覚えがあります。当時のHDD容量がCD-Rの9~10倍程度になります。そういう意味では、現在は1万ちょっとなら500GBのHDDが買えます。BD-R DLは50GBなので、HDDの10倍というのは一緒で、一見光ディスクもムーアの法則に付いて行ってるようにみえます。
ただ、BD-Rドライブもメディアもまだ値ごろ感がないので、個人的には当分購入しようとは思いません。おそらく値ごろ感が出てくるには1-2年はかかるでしょう。ということで、実は光ディスクの伸びはムーアの法則に遅れを取っていると言えます。
今の段階でも、BD-R DLは2000~3000円なので、GBあたりの価格は500GB HDDの倍はします。

2年もたてば、HDDも容量が2倍になり、1TB HDDが1万強で買えるようになっているので、BDの相対的価値はさらに下がります。BDが生き残り発展するには、2年後には2層以上のタイプを出して、GBあたりの価格もHDDより安価に提供する方向でないと発展は難しいと思います。

光ディスク全体として考えるなら、研究室レベルでは1枚1層1TBといった報告が上がっているようです。そういう次々世代DVD技術を使えば光ディスクとしてまだまだ発展すると思いますが、BDとしては終わりです。

池田さんのBlogでもあったのですが、ある意味東芝はチャンスですね。
得意なHDDや、NANDにシフトして、HD DVDなんかさっさと捨てましょう。
海外で唯一成功している日本のPCベンダーとして、結構期待してるのですが。


このエントリーをはてなブックマークに追加





このカテゴリの最新記事一覧


| ―HDD, NAND, 次世代DVD | 23時07分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

Blog開始の報告


このエントリーをはてなブックマークに追加


Blogを開始しましたので、とりあえず書き込みます。
数年前に一度Blogを数ヶ月書いていたことがあるのですが、
フェードアウトしてやめてしまいました。
最近書きたいと思うことが多くなってきたので再度Blogをやることを決めました。

とりあえずはBlogのアカウントを取得した記念に書き込みます。
最初のネタは今週末までにはひとつUpする予定です。

前回の反省も踏まえ今回は長続きするように、
努力したいです。

ではでは。

≫ 続きを読む



このエントリーをはてなブックマークに追加





このカテゴリの最新記事一覧


| 【お知らせ】 | 23時25分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

2007年12月 | ARCHIVE-SELECT | 2008年02月

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。