2008年03月 | ARCHIVE-SELECT | 2008年05月

ガソリン暫定税率復活! あと 硫化水素


このエントリーをはてなブックマークに追加


 以前 【 「ガソリンスタンド」の上の「硫化水素」と「自殺」の出会い 】などという、エントリーをしてみたのですが、本日ガソリンの暫定税率の復活が決定したようです。
 すでに予想はされていたので混乱は少ないかもしれませんが、以前書いた記事にあるように個人でガソリンの買いだめをすることは「絶対」にしないようにしてください。とても危険です。
 最悪、ポリタンクの破裂、火災まで起こるのでシャレになりません。

 ついでに硫化水素ですが、予想どおりニュースが盛り上がってます。 以前のエントリーにもたまに硫化水素で検索して何人かきます。 マスコミは話題性の生き物ですから、新規性のあるネタに飛び込んで火をつけて、ついでにネット批判までしています。
 誰がいったか、人の噂も75日、マスコミの興味も75日。 あと1-2ヶ月くらいこの話題がつづいたあと、だれも気にしなくなるでしょう。
 自殺する人も、リストカットでもそうですが自分に興味を持ってもらうことが目的なので、自殺でも話題性のある方法を用いる理由にはなります。

 前にも述べましたが、臭いのでこの方法の自殺はお勧めしません。 なんかのコメントで自殺できるくらいの量を嗅いだら、どうせ鼻がバカになるから関係ないとあります。 おそらくそうでしょうが、それでも鼻が馬鹿になる前は強烈な刺激臭でしょう。混ぜなくても原料も臭いです。他の方法はたくさんあります。話題として取り上げて欲しい以外の人ではやめときましょう。


完全自殺マニュアル
完全自殺マニュアル鶴見 済

太田出版 1993-07
売り上げランキング : 1401

おすすめ平均 star
star読んでみるのもいいとおもう
star看板に偽りなしの高度な自殺指南書
star雑学的に楽しめる1冊

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


このエントリーをはてなブックマークに追加





このカテゴリの最新記事一覧


| ―科学ネタ | 18時18分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

2008年4月に読んだ面白い本をさらしてみる


このエントリーをはてなブックマークに追加


4月分からスタートの今月読んだ本の紹介。
 今までも何冊か面白い本を紹介してきたのですが、長い書評を書くのは結構しんどい。面白い本なのに、いろいろ考えてるうちに時期を逸っしたりして書く気力がなくなって、そのまま放置ってパターンが多いです。 また昔の本は紹介しづらい。
 そういった本の救済も兼ねて短いコメントを乗せてやってみます。あと自分用として読書履歴を残す意味で (でも読んだ本の暴露は自分の能力の限界も暴露してようなもので正直複雑な気分)。


もっとも美しい数学 ゲーム理論 (70点)

もっとも美しい数学ゲーム理論もっとも美しい数学ゲーム理論
トム・ジーグフリード 冨永 星

by G-Tools
 最初は、ゲーム理論の歴史でナッシュやノイマンの話は私のような初心者にわかりやすく楽しい。生物へのゲーム理論の展開も面白い、ただしそのあとからダレテきて化学や物理学とゲーム理論が同じという展開は厳しい。ただ統計が使われてるのが一緒なだけでは。。。
 あとp268の電子スピンの話がとてもわかりずらい。 なんでかと思ったら少なくとも原著では図が貼ってあった記述がある。 それ以外でも全体的に化学・物理ネタとゲーム理論の展開が強引なのと、その部分の日本語訳が微妙。正確には日本語は読みやすいのだけど技術的に釈然としない訳。 私は一応化学出身だからいいたいことが何となくわかるけど、一般人はわかんないよって雰囲気。
 前半読んで面白いから書評書こうかとおもったけど、残りがそんなので止めました。でも半分いいから70点です。


 あと3年で、世界は江戸になる! (65点)

あと3年で、世界は江戸になる!-新「風流」経済学あと3年で、世界は江戸になる!-新「風流」経済学
日下 公人

by G-Tools
 日下さんの本がふと書店にあったので買ってしまった。中川八洋氏の「エドナイゼーション」の概念を元に日下さんの視点で書かれた本。 日下さんの本はいつも思うけど内容は新書で十分なのに何でハードカバーでだすんでしょう。まあ買ってしまうんですけど。
 内容はタイトルのまま。あとそれに日下さんのいつものネタをタイトルに合わせて書いた感じです。そのため知らなかった事もあまり書かれてない。
 エドナイゼーションという言葉は初めて聞きましたが、そうだよねという感じ。私も学生の時から似たようなことを漠然と考えていたので。 江戸時代の人口統計を見ると17世紀の人口増加・元禄バブル・18世紀19世紀の人口停滞が、現代日本と被る。 グローバル化が進んだ現在では世界が狭くなるためにアングロサクソンのような勝ち逃げではなく共生が重要になる。 島の論理がいい例。 よって世界は日本、そして江戸時代から学ぶことが必須になる。なんてことを何となく考えてたから。 
 そのため最近江戸時代の見直し論が進んで嬉しい。


日本と中国は理解し合えない (85点)

日本と中国は理解しあえない日本と中国は理解しあえない
日下 公人 石 平

by G-Tools
 とりあえず面白い。石平さんも公平な視点で日本と中国を見ており、政治・歴史・経済に詳しく博識で勉強になる。 日下さんが話を引き出すのもうまい。 対談なので読みやすく、現代の中国をわかりやすく面白く教えてくれる本。 


 ラブホテル進化論 (70点)

ラブホテル進化論 (文春新書 620)ラブホテル進化論 (文春新書 620)
金 益見

by G-Tools
 書店で帯とタイトルを見たとき、明らかに釣りっぽさを醸し出してるので出た当初は買わなかった。 先日書店いったらまだ平置きであったのでしょうがなく買ってしまったw だから買ったの4刷。
 博士過程の人らしく論文を一般向けにした感じの本。 元々風俗史は研究しにくいのによくやってると思う。 しかし内容が物足りない、情報が少なくもっと欲しいと思ってしまう。でもこれ以上はしょうがないんだろうな。


 愛国者の流儀 (60点) 

愛国者の流儀愛国者の流儀
ビル・トッテン

by G-Tools
 日本の国籍までとってしまった元米国人の著者が書いた本。
 個人的に一番のサプライズが、著者がアシストさんの社長ってところ。 日本の国粋主義者っぽい言説。


 新聞社 (75点) 

新聞社―破綻したビジネスモデル (新潮新書 205)新聞社―破綻したビジネスモデル (新潮新書 205)
河内 孝

by G-Tools
 1年前の本なのにすでに古さを感じてしまう。。。旧秩序崩壊の速さが身にしみる。 著者は毎日新聞の常務取締役までいったエリートですが、別に暴露本ではない。 ただ朝日読売に対する感想はやりきれなさを感じるけど。 ただ中の人でありながら、新聞社の問題点をしっかりわかりやすく書いており歴史的な話は勉強になる。 古さを感じるのは後半の書籍出版時の2007年あたりの話やITの話。
 それにしても、私は最初になくなるのは文字を扱う新聞社と思ってましたが、こちらのフジテレビの視聴率低下と広告費が集まらないって記事を見るとTV局のほうが先になくなるかも。。。 
 新聞は団塊世代以上がまだユーザとして残るだろうけど、TVはバブル時に若者シフトしすぎたからそれすらも残らないのでしょう。 リンクのコメントみると、じいちゃんばーちゃんでもリアルタイムで見る時間はあるのにビデオに取って見る、やそれ以前にTVを見なくなったってのもある。


 うちのシステムはなぜ使えない (80点)

ウチのシステムはなぜ使えない SEとユーザの失敗学ウチのシステムはなぜ使えない SEとユーザの失敗学
岡嶋 裕史

by G-Tools
 著者はあとがきで、現場のSEに読んで欲しくないといいながらSEが読んだ方が面白いというかそのつもりで書いただろうと言いたい。どうだろう。 小飼氏の書評より早く読了したけど仕事優先してたら書評が遅れてたら先越された。別に張り合って意味があるわけじゃないけど。。。。 
 普通に読み物としても笑いを誘う本です。


 最終戦争論 (80点)

最終戦争論 (中公文庫BIBLIO20世紀)最終戦争論 (中公文庫BIBLIO20世紀)
石原 莞爾

by G-Tools
 書店で平積みされてたから買ってしまいました。
 まだ読んでなかったの?と言われたらそうですと答えざるを得ない。 今でもそうだけど昔は特に科学系の本やビジネス物ばかりで古典的名著は読まなかったから。 
 この時代の本は現代教育を受けてしまった私の世代には読みにくいとおもったけど、 講演が元のようで読みやすかった。改訂してるのも影響してるかもしれない。 第一章の戦争の歴史についてもフンフン納得して読める。
 内容はさすがに知ってることが多い(正確には石原莞爾 の思想として)けど、たまにはこういう古典的な本を読むのもいいものです。


 ジャガイモの世界史 (55点) 

ジャガイモの世界史―歴史を動かした「貧者のパン」 (中公新書 1930)ジャガイモの世界史―歴史を動かした「貧者のパン」 (中公新書 1930)
伊藤 章治

by G-Tools
 学術的記述や、数字や統計を使って論文的にまとまったものを想像して買った。 そういう部分もあるので参考にはなるけど、いい意味でも悪い意味でもジャガイモにまつわるエピソードが主体。 
 たとえば、アイルランドのジャガイモ飢饉のときたくさんアメリカ移民となったという話の繋がりで、JFKの先祖がこの時のアイルランド移民という話は良い。だけどJFK自体の話はいらないだろう。ジャガイモと関係ないし。この本で米国元大統領の話など読むまでもない。


 トランプ自伝 (75点)

トランプ自伝―不動産王にビジネスを学ぶ (ちくま文庫 と 18-1)トランプ自伝―不動産王にビジネスを学ぶ (ちくま文庫 と 18-1)
ドナルド・トランプ トニー・シュウォーツ 相原 真理子

by G-Tools
 この人のようには生きれそうにない。


 パラダイス鎖国 (75点) 

パラダイス鎖国 忘れられた大国・日本 (アスキー新書 54)パラダイス鎖国 忘れられた大国・日本 (アスキー新書 54)
海部 美知

by G-Tools
 これも今さらって感じの本ですが。。。
 パラダイス鎖国、いい言葉です。 あと著者の謙虚さが文に表れていて好感持てます。 特に英語ができて留学してた野郎の場合、アメリカマンセイ感があったり、自分の言説が絶対正しいといったアングロサクソンの思想に毒された輩が多いですが、著者はそうじゃない。


 オタクはすでに死んでいる (70点)

オタクはすでに死んでいる (新潮新書 258)オタクはすでに死んでいる (新潮新書 258)
岡田斗司夫

by G-Tools
 ダイエット本が売れてから、いろいろ再発行されはじめた中での新刊。 私はあまり著者名で買わない(著者名を覚えれない)ので、ダイエット本の人とアニメ夜話の人が同一人物だと知らなかった一人。  そういう意味ではこの本は著者名で買った方かな。
 どうせだったら「おたく」と「オタク」を分けて使ってもよかったかも。著者は「おたく」、昨今のは「オタク」。死んだのは「おたく」であって「オタク」じゃない。著者は「おたく」のパイオニアではあるが、既に開拓されつくして「オタク」業界にパイオニアはいらなくなっただけ、と述べた方が良いかと。
 パイオニアは造るけど、今のオタクは消費するだけ。それが違いでしょう。  また言葉は生き物だから、時代によって意味が変わるのは必然。
 娘の成長のように、自分が生み育てた「おたく」文化が、自分が思ってた方向とは異なる成長をして巣立ってしまった望郷感ただよう本。 


 世界征服は可能か (70点) 

「世界征服」は可能か? (ちくまプリマー新書 61)「世界征服」は可能か? (ちくまプリマー新書 61)
岡田 斗司夫

by G-Tools
 上の本と一緒に平積みされてたから買った本。 著者を知らなかったらおそらく買ってなかった。タイトルとカバーだけじゃアニメネタ・ついでにアホネタとはわからないから。 無駄に挿絵も多く電車で読めない。良く版権とれるもんだ。さすがオタキング。

 そういえば、上の「おたく」が死んだ本のアキバ王とのくだり。声優呼べばいいじゃんって発想からすると挿絵の版権くらい造作もないんでしょう。私は所詮は消費者だから無理と決めつけちゃうけど(といっても中学過ぎてからアニメなどみてない。EVAブームも知らなかった口です。それ以前にここまで思い入れが出来ない。
 あと仕事し始めてからは、「ビジネスなんだから呼べばイイじゃん」って発想が出てくるようになりましたよ。一応)

 脱線したけど、アニメのネタを元にこういう馬鹿な理屈をこねて解説されると、無駄に納得し、かつ突っ込みどころ満載。 良くこういうアホネタを書籍化したもんだ。 


 747 ジャンボをつくった男 (95点)

747 ジャンボをつくった男747 ジャンボをつくった男
ジョー・サッター ジェイ・スペンサー 堀 千恵子

by G-Tools
 これは面白すぎる。 とりあえず読めって感じです。だから書評もなし。
 全体の内容以外では、あとがき前のラストの成田空港のくだりで思わず電車の中でウッとしてしまった。これ書くためにそこだけ読んだけどまた・・・。





以上、読んだのこれだけじゃないけど、それ以外が多いわけでもない。
一応手じかにあった今月読んだ本をピックアップしてみたけど、冊数でいうとたいしたことないですね。けど、こうやって並べると結構あるもんだ。 


点数の基準 0-39点:買う必要なし ・40-59点:その分野に興味のある人、専門化ならかう価値があるかも。それ以外の人は買うメリットは余りない。または価値はあるけど高すぎる ・60-79点:買う価値あり。少なくとも 買った値段分の価値はある。 ・80-89点:買う価値あり。元はとって余りある。 ・90-100点:面白すぎ!! こんな値段でいいの??

【書籍紹介】のカテゴリ


このエントリーをはてなブックマークに追加





このカテゴリの最新記事一覧


| 【適当な書籍紹介】 | 16時20分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

今週の気になるニュース(2008/04/27)


このエントリーをはてなブックマークに追加







このエントリーをはてなブックマークに追加





このカテゴリの最新記事一覧


| 【今週の気になるNEWS】 | 20時29分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

ブログ開始から3ヶ月 5000アクセス達成しました!


このエントリーをはてなブックマークに追加


「知ったかブログ」 3ヶ月経過!、5000PV達成です!


 この「知ったかブログ」を開始してから、昨日08/4/24で早三ヶ月たちました。
 実際は記事を書き始めたのが08/1/27からなので、自分としては4/27が開始3ヶ月と思ってますが、ちょうど4/24にアクセス数カウンターが合計5,000達成したので、4/24が3ヶ月目ということです。
 会社でも登記日と業務開始日が異なりますので、ブログ登記日が1/24、ブログ業務開始日が1/27ですね。

 この手の個人ブログで3ヶ月 5000PVは多いのか少ないのかどうなのでしょうか。 ほとんどPING以外に告知もしてなく、技術系の話ばかりで、知り合いも誰もしらなく、トラックバックを打ってるわけではない、自己満足サイトなのでこんなものなのでしょう。少なくとも開始から1ヶ月程度の閑古鳥に比べればぜんぜん良いです。


ブログをこの3ヶ月つづけて感じたこと


   ブログをやってる人には当たり前かもしれませんが、やり始めて私が感じたことを書いてみます。ブログをはじめたい人の、少しは参考になれば。

  • ワイドショーネタ的なのはアクセス数が すぐ増える

     開始当初に「初音ミクと朝日新聞」ネタをちょろっとかいたら、自分しかアクセスしてない閑古鳥状態だったのに急にアクセス数がくるようになりました(といっても4-5PV/日)。この記事本ブログの趣旨にあってないので何で書いたのか今は後悔してます。ただ、このような巷で話題の内容を間髪いれずタイムリーに書くと少なくともアクセスは増えるということが確認できました。

     私の場合タイムリーなネタがあっても暖める傾向があるのでダメなのですが、新聞社や週刊誌やTV局がワイドショー的なネタで全局全メディアが一斉報道することや、記者も仕事のためにワイドショーネタを追求せざるを得ない理由が少し理解できたような気がします。
     ただし、アクセスは当日からもって数日。でも始めた当初はアクセスも無く虚しいので、カンフル剤にはいい。ただ中毒にならないように (自戒を込めて)。


  • マニュアル系は定常的なアクセスがある

     はっきり言ってこの3ヶ月の5000アクセスのほとんどが、911SHと携帯動画変換君のエントリーでした。書いた翌日からGoogle、Yahoo検索からのアクセスが多くなりました。この記事を書いてから2ヶ月近く経ちますが、いまだに「911SH + α」の検索ワードで20-50/日の一定したアクセスがあります。
     911SHは2006年秋モデルなので販売開始から1年半経過し既に在庫も無いようなモデルなのに未だにアクセスがあるのは何ででしょう? それだけユーザが多いという証かもしれません。

     ブログに動画を貼り付けるというエントリーでは、逆にそこまでやる人間は限られているのでさすがにアクセスは1週間に2人程度と少ないです。ただし定期的にアクセスがあります。

     マニュアル系はページを見ながらインストールなり設定なりをするので、ユーザの閲覧時間が数十分や数時間と長くなる人もいます。読み物系では文章の長さに閲覧時間が比例するので大違いです。


  • 中の人からのアクセス

     書評を書くと、もれなく発効会社から1,2アクセスついてきます。気になるんでしょうねww (新刊だけ。旧刊はさすがに来ない)。 
     また、HDDやNANDやHDDVDの記事を書いてましが、当該会社からのアクセスがあります。大企業からのアクセスでおっと思うと、大抵911SHと携帯動画変換君なので個人目的です。しかし、ごくたまに明らかに関係者っぽい検索ワードで来る人がいます。

     それ以外でも大学からのアクセスもあります。先日、ある経済学がメインの米国のとある大学からHDDやNANDやHDDVD関連の記事を見てくれてる人がいました。おそらく日本からの留学生なのでしょう。レポートの参考にでもしてくれ。間違ってても知らんよ!
     日本の大学からも来ますがほとんどが「携帯動画変換君」とか「iTune」などの私的な検索キーワードからしか来ません。 日本の大学、特に文系大学の能力が良くわかります。 理工系大学はさすがにNANDとかのキーワードでたまにきます。 
     まあ、アホなこと書いてると思われてそうですが、趣味で書いた記事を本職にしてる人からアクセスしてもらえるのは少しうれしくなります。



  • ブログの記事の方向性は統一するべきか 

     ブログの作り方やアクセスを伸ばす方法みたいなサイトがゴマンとありますが、それらを見るとブログの内容に一貫性を持たせたほうが良い。そうしないとリピーターがつかない、アクセスも伸びない。とのコメントが山積してます。
     しかし一つのことを深く掘下げた記事を書くには、本業にしているか長年趣味でやっている内容を書くしかないような気がします。少なくとも私のスタイルでそれは非常に難しい。本業は書きたくないし、今の営業的な仕事しかしてない状態では書いても深くなれない。それ以前に本業の内容では利益背反につながる可能性もある。
     また私の性格上、興味のある分野が中くらいに広く浅い。また飽きも早くて興味はあるが趣味とすら言えない物や、興味があっても1-2年しか持続しないので深くなれない。

     この半年で興味が出てきたのが音楽・動画変換やら作成かな。ブログ作成もそうかも。
     1-4年前が政治・防衛・経済学が順番に来た感じです。ただお互い内容がリンクしてるので一緒に考えています。 そのため書いてる記事も読む本もこの当たりのが多いです。
     
     ただ本業で書いても問題なかったり、趣味で続けていることがあれば統一した記事にしたほうが絶対に良いと思う。 アクセス頻度を見てる限り、この私のブログのように相互に関連のない記事ばかりではリピーター予備軍をみすみす逃しているような気がするから。


  • アフェリエイト

     別に儲けることを第一目的としてないですが、各所でアフェリエイトで大もうけとか書いてるので、どの程度か確認する意味で、現時点ではAmazonのリンクだけ試しに作ってます。
     今のところクリックしてくれる人がごくたまにいますが、買ってくれた人はいません。
     お金もうけのためにやるのであれば、やり方はありそうですが、それは目指してません。Amazonだけ張ってるのは、最近は書評の画像を張るのが楽だからというのが、理由になりつつあります。
     画像の無いページは見にくいですが、画像を用意するのは手間です。お手軽にできるのであればそれを使うまで。それでお金が入る可能性が少しでもあるなら使わない理由がないですね。

     ただGoogle Adsenseはやってみようかと思う。もちろん流行ってるのでどんなのか知りたいというのが第一義。使えなかったり、記事が見にくくなったり、表示が重くなりすぎるようなら止めます。気持ちが乗って準備が整えば始めたいと思います。
     
     ダイレクトメールの場合は送付した数の百分の一からアクセスがあれば御の字、千分の一で普通。購入にいたるのは、アクセスした1/10から1/100と聞くと、たかだか3ヶ月で5000PVなど無いに等しいです。まじめにやるのであれば、日に何千・何万とアクセスがあるようなサイトじゃないと小遣い程度も難しいのでしょう。

関連カテゴリ: 「お知らせ」


このエントリーをはてなブックマークに追加





このカテゴリの最新記事一覧


| 【お知らせ】 | 13時00分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

【書籍紹介】 J-POPって素晴らしいんだね (75+15点)


このエントリーをはてなブックマークに追加


いーじゃん J-POP (マーティ・フリードマン) (75+15点)


い~じゃん!J-POP -だから僕は日本にやって来た- マーティ・フリードマン

 NBonlineの前篇記事だけを見て、著者もよく知らずにAmazonで速効ぽちっとしてしまった。
 ・前篇:「日本の底力は『おもしろければなんでもあり』にあり」
 ・後編:「アラ探しより“面白い探し”のほうがいいじゃん」



 小生、生まれてよりこの方CDを3枚しか買ったことがない音楽ど素人ですが、何でこの本買ったかというと、やっぱりガイジンさんの日本評が好きなんですね。今までの書評やリンクしてあるAmazonのお勧め傾向みてもわかると思いますが。あと単純にiPodなぞ買ってからそこに入れる音楽が必要になったため、この半年位はレンタル屋でたくさん借りるようになったからでしょう。(ほとんど7,8,90年代中盤までの曲ばかりだけど)。ちなみにこの本でよく出てる転調って言葉もつい1か月まえに知ったばかり。もちろん言葉を知っただけで理解してない。ここで転調してるよって言われてもわからないんですorz  当然メガデスなんて知らない。

 そんな音楽超ど素人が書評するわけですが、本当にこの人J-POP好きなんだねというのが良く伝わってくる。また、日本のJ-POPでそんなに凄い曲をさらっと作って洋楽なんかよりも断然進んでるんだということ初めて教えてくれました。こういうの読んでると本当に楽しくなります。でもそのために日本語勉強して日本にくるなんて、すごすぎですホント。こういった人もいるんですね世の中には。

現在の音楽不況について

 ところで、NBonlineの記事の中に、98年前後がJ-POPの最盛期らしく今は音楽不況らしい。98年前後はバブルの時期でもないしハッキリ言って大不況の時期なのに音楽業界だけはこの世の春を味わっていたたとは・・・。マーティンも98年前後が異常だって考えもあるっていってるので、一応何でだろうと考えてみる。

 記事にもJ-POPは若者が聴くもので年取ったら聞かなくなるなんて発言がある。逆にいえば若者しか聞かないのです(書いててばからしいですが)。 でも中高生のときが一番音楽にハマル時期だと思うけどお金がない。やっぱり大学生なり社会人のなりたてくらいのハイティーンから20前半くらいが音楽を買うくらいのお金は我慢しなくても買う層なのでしょう。 そうして考えれば、98年前後は若者が一番多い時期。団塊ジュニアが大学卒業し終わった年ですね。
 ちょうどそのあたりにMP3やCD-RやNapstarが広まった時期と重なったのでスケープゴートにされました。あれから10年たって考えれば、ただの人口問題って考えもありですね。

 では80年代はどうかというのでWikipediaで調べてみます。とりあえず浅香唯。一番売れたC-girlは2週連続チャートNo1!総売上枚数は27万枚!・・・ トップアイドルの一番売れた曲ならミリオンセラーが普通の現在では考えられないほど少ない。
 それでは80年代最強のアイドル聖子ちゃん ならどうかとみると、初ミリオンが1996年の曲だそうで・・・・・やっぱり90年代、特に後半が異常だったのでしょうね。

得点について

 また、得点ですが75点なのは3章の「人気J-POPをメタル切り」が点数を下げてます。理由はどちらかというと私の好みの問題ですが、WebやBlogの連載を書籍化したものはなぜか書籍にすると読みにくい。そのためある程度編集していればよいのですが、著者いわくわざと編集してないとのこと。私も編集しない方に賛成ですが、読みにくいことには変わりない。あとは内容が最近の自分も全然知らないアーティストの話が多いので、絶賛されてもピンと来ない。でもこれも私の問題。あとは、第一章の分量が少なくすこし物足りないけど一番面白いのも第一章。面白いから物足りないのかも

 ではプラス15点は何かというと、NBonlineの記事の分。なので本を買う人はNBonlineの記事も読んでください。点数は低くしてしまったけど買いです!


-本の中にあった、八代亜紀との共演がYoutubeにあったので(思いのほか違和感ないなー)

い~じゃん!J-POP -だから僕は日本にやって来た- マーティ・フリードマン
マーティ・フリードマン 日経エンタテインメント!

い~じゃん!J-POP -だから僕は日本にやって来た- マーティ・フリードマン
Future Addict イタリア人は日本のアイドルが好きっ 私は日本のここが好き!―外国人54人が語る 中国動漫新人類 日本のアニメと漫画が中国を動かす (NB Online book) マーティ・フリードマン・ライブ・イン・ヨーロッパ
by G-Tools

点数の基準 0-39点:買う必要なし ・40-59点:その分野に興味のある人、専門化ならかう価値があるかも。それ以外の人は買うメリットは余りない。または価値はあるけど高すぎる ・60-79点:買う価値あり。少なくとも 買った値段分の価値はある。 ・80-89点:買う価値あり。元はとって余りある。 ・90-100点:面白すぎ!! こんな値段でいいの??
【最近の書籍紹介】

≫ 続きを読む



このエントリーをはてなブックマークに追加





このカテゴリの最新記事一覧


| 【適当な書籍紹介】 | 22時00分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

トリプルコアなのかトリコアなのか (Phenom X3の呼び方)


このエントリーをはてなブックマークに追加



 AMDからコアが3個乗ったCPU Phenom X3が販売開始となりました。性能などはどこかの誰かが記事にするでしょうから、今回は名前について考えます。

 コアが2個の場合はDualコア、Intelは製品ではCore2DuoとなりDuoを使います。コアが4個の場合はQuadコアで同じです。
 このPCwatchの記事では「トリプルコア」と書いてありますが、英語のニュースなどではtriple-core とtri-coreと分かれてます。さてどちらが正しいのか・・・

http://en.wikipedia.org/wiki/Numerical_prefix
こちらのWIkipediaにラテン語とギリシャ語の数詞が表になってます。

 ただ、私の覚えているのは上とは少し異なり、IUPACが基本なので数詞はこちらになります
http://en.wikipedia.org/wiki/IUPAC_numerical_multiplier

 このページをよんで初めてIUPACの数詞がラテン語とギリシア語のMIXだと知った。ギリシア語だけだとばかり思ってたのですが・・・・


 話をもどしますが、tri-coreでもtriple-coreでも個人的にはどっちでもいい。まあ皆さんが呼びやすい方法でよいのでしょう。日本人ならトリプルプレーのトリプルのほうがなじんでるからトリプルコアがいいと思ってます。(自分はtri-が慣れてるけどね)

 今後はIntelもAMDも、6コア、8コア、12コア、16コアなど出てくる予定ですが、順番に見てきましょう。

  • 5コア:ペンタコア(penta-core)が王道ですが、「ペンティアム」とかぶるのでQuint-coreになるのでしょうか?

  • 6コア:普通に考えればヘキサコア(hexa-core)ですが、絶対sex-coreとかいうやつ出てくるな。

  • 7コア:Cellが7コアですね(ほんとは8だけど)。ヘプタコア(hepta-core) でよいですよね。

  • 8コア:オクタコア(octa-core)で問題ないでしょう。
          (追記 08/06/09)なんかocto-coreの方が最近良く見る。化学やってたならoctaの方がしっくりくるのだが)

       
  • 9コア:個人的にはノナコア(nona-core)ですが、どうでしょうか。

  • 10コア:デカコア(deca-core)ですよね。デカそうです

  • 12コア:ドデカコア(dodeca-core)。すごくおっきいです。

  • 16コア:ヘキサデカコア(hexadeca-core)です。ヘキサデシマルはIT業界では普通の言葉なので、受け入れやすいと思いますがやっぱり少し変です。短くしてヘキサデコアとしたいが、ナタデココを思い出す。。


 これ以上の数詞は一般的ではないので、多くてもこの当たりで終わりでしょう。これ以上はマルチコアとか80コアのようにアラビア数字を使うでしょうから。


  • [15]: Office2007を入れたらMS IME 2007の変換効率が悪すぎるんですけど・・・
  • [24]: ブログのカテゴリは修正するべきか
  • [48]: ケミストリという言葉についての一考察
  • [60]: Google検索上位にあらずんば、ブログにあらず


  • このエントリーをはてなブックマークに追加





    このカテゴリの最新記事一覧


    | ―IT・コンピュータ | 17時22分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

    HDDとNANDの攻防戦 (日本HDD協会のセミナーに関する記事を受けて)


    このエントリーをはてなブックマークに追加



     最近、HDDNAND関連のエントリーを書いてなかったのですが、PCwatchの日本HDD協会のセミナーに関する記事 「日本HDD協会2008年4月セミナーレポート ~ HDD対SSD、その行方を議論 」 がなかなか良かったので、久しぶりに書きます。
     さすが中の人の発表ですね。概略的な記事のないようにも関わらず、門外漢の私の記事など比べるべくもない内容です。

    東芝セミコンダクタ社の発表 (NANDチップ製造会社として):
     ・SSDは2010年までは年率2倍の容量増加速度は継続
     ・NAND MLCの信頼性は、書換手法の工夫により5年間は確保。だだし一般的PC利用。

    日立GSTの発表 (HDD製造会社として)
     ・人間が必要とするデータはどんどん増えてます。だから大容量HDDは必要です。
     ・いろんな技術がまだあるのでHDDは死にません。
     ・年率40-50%で容量アップ。 2年で2倍くらいでしょうか。

    SETCの講演(NANDストレージベンダとして)
     ・SSDは民生用より、産業機器での利用を主眼。
     ・エンタープライズ用SSDは、信頼性、ランダムアクセス性能を確保。
     ・価格もSSDの低価格化がすすんで買いやすくなっている。

    NECパーソナルプロダクツの講演 (PCベンダとして)
     ・家庭用PCは、容量増加が拡大してるが、ビジネスPCは容量増加が余りない。
     ・モバイル用途は、まだまだ耐衝撃性の強化が重要
     ・ハイブリッドHDDが普及しなかったのは、性能向上が10%程度と少なかったから。

    【企業用ビジネスPCについて】

     NECパーソナルプロダクツの発表はなかなか興味深い。 
     ビジネス向けPCでは、メールやWebや社内資料のWordやExellやPPTファイルくらいしかありません。私が仕事で利用している会社のPCも先ほど調べたところ、My Documentの下は15GB程。HDDは80GBで、空き容量は40GBとまだまだ余裕で3-4年は大丈夫でしょう。一番大きなファイルも20MBのPPTファイルで、それ以上のはzipファイルしかありません。

     このノートPCは3ヶ月前にやっと変わったばかりなので80GBありますが、以前の支給ノートPCも2004年から4年ほど使いました。こちらの容量は40GBで容量半分ですが10GBくらいは余らせておりHDD容量はまだ大丈夫でした。

     さらにその前は2000年から4年間 20GB HDD搭載のノートPCを使ってましたが、HDD容量を気にしたことは記憶はありませんでした。

     つまり個人的な経験では、ビジネスPCはHDD容量は4年で2倍にしかなってないということです。現在ビジネス向けPCで一番売れすじHDDがノート、デスクトップ問わず80GBだということからも私の利用法が世間一般と大きくかけ離れてるとも思えません。
     そうであれば、4年後の2012年にはビジネス用途で160GBの容量があれば必要十分ということです。 

     結局会社のPC利用では紙の代替機能しか求められてないということですね。つまりWordもEメールもPPT資料も、藁半紙や郵便やOHPで行ってたことをデジタル化しただけです。
     それ以上のことはサーバ側でやるので、PCではこれ以上の容量アップに貢献することはないのでしょう。動画を始めると容量増加は大きくなりますが、社内利用ではせいぜい社長の演説とかトレーニング用ビデオばかりでHD画質がいるわけでもないので、Youtubeやニコニコクラスの画質でもお釣がくる。よってクライアントPC側の容量アップには貢献は大きくなさそうです。

     160GBの容量は、2.5インチディスクでは既に普通の容量です。あとはコストですがHDDは部品代の最低コストがSSDに比べ高いのでSSDがHDDの最低コスト以下になったらビジネス用途PCではデスクトップもノート型も完全にSSDに移行してしまいますね。(最低スペックの80GB新品3.5inch HDDが5000円くらいかな? 1GBのSDカードなど1000円以下で売ってます。HDDは部品が多いため最低コストが高いのです。その点SDカードはうん百円で売ってるので最低コストは低そうです)

     それでは今から4年後の2012年にはSSDがPC用HDDを置き換えているかどうかを考えてみます。SSDは1年で2倍とすると4年後は容量は16倍、同じ容量なら価格は1/16。今16GBの最安SDカードが1万円くらいなので、4年後128GBのSDカードが5000円くらいかな。ここまでくると、本格的にHDDからSSDへの移行が始まりそうです。

     すでに企業向けデスクトップPCは3.5インチHDDから2.5インチへ、ノートPCは2.5インチから1.8インチHDDへ移行が始まってますから、時間の問題です。

     そういえばシンクライアントなんかありますが、据え置きPCであれば利便性はともかく性能は十分ですね。そうなるとますますPC用HDDは需要がなくなる・・・。余談ですがとある会社の外勤のノートPCでシンクライアントを使わされてる人をみましたが可哀想すぎです(さすがにユーザデータだけがサーバ保管でOSはローカルHDD内ですが悲惨です。)

    【個人向けPC】

     個人向けPCはちょっと違いますね。ビジネスPCと同じようにメールやWordしか利用しかしないのであれば結論はビジネスPCと一緒。

     それだけではなく、今は動画も個人で簡単に取れるようになりPCでの保存・加工も簡単になってきてて、HD画質も一般的になりつつあるから容量増加はしていくでしょう。実際私ごとですが、個人でHD動画をやり始めてから撮ったり編集していると100GBくらい平気で使ってしまい、あわてていらないファイルを消したりしています。
     そのためいくらでも容量が欲しい。1TBのSATAが欲しいけどコストパフォーマンス考えたら500GBx2か。でも壊れたとき1TBのバックアップなんてできない。じゃあRAID1か。でもRAID1はもったいない。どうせならスピード優先でRAID0にしたい。それ以前にそもそも個人でRAIDは必要なのか?? と思考が堂々巡りして結局現状維持。
     仕事ではお客様に、「RAID60が今のトレンドです」とか、「耐障害性考えると5本づつRAID組んだ方が良いですね」とか、「ランダムアクセスは15krpmが基本でしょ」とか、「ただシーケンシャルアクセス速度はディスクの回転数はあまり関係なくてディスク本数。だからSATAで15本ストライプでOK」とか言ったり言わなかったり・・・。

     ただしこのように大量のディスクを消費することって個人の一般的な利用で多数を占めるのでしょうか?少なくとも家庭用PCでは搭載HDD容量は増加傾向のようですので、必要とされているのでしょうね。
     HDD搭載ビデオデッキの場合は、撮り溜めることができるので需要はありますよね。実際どんどんカタログ容量だけは増えていってます。今となっては圧縮率がよくないMPEG2などを使って保存しているため、容量がすぐにいっぱいになります。 

     MP3プレイヤー、携帯電話、デジタル家電の普及でPCの市場牽引力の低下がとまりません。その場合3.5インチ市場は縮小均衡になってしまう兆候がでてきました。最近ではIAサーバにも2.5インチ内蔵ディスクが普通になり、サーバ用外付けストレージも2.5インチが出始めてきました。
     3.5インチディスクがなくなるのも時間の問題ですね。

    【NAND、HDD、次世代DVD関連カテゴリ】


    このエントリーをはてなブックマークに追加





    このカテゴリの最新記事一覧


    | ―HDD, NAND, 次世代DVD | 21時50分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

    今週の気になるニュース (2008/04/20)


    このエントリーをはてなブックマークに追加


    今週のきになったニュースをピックアップ (2008/4/13-20)


    【同じカテゴリの記事】


    このエントリーをはてなブックマークに追加





    このカテゴリの最新記事一覧


    | 【今週の気になるNEWS】 | 18時38分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

    JW FLV Playerを使って、ブログで動画配信 (表示編)


    このエントリーをはてなブックマークに追加


    (注意!:このページは動画が複数貼り付けてあるため表示に時間が掛ります)

     前回で、JW Media Playerを使ったブログやホームページ上での動画表示について述べさせていただきましたが、今回は「構築編」をすっとばして「表示編」にします。
     言葉で書こうとも思いましたが、それは本家のマニュアルを見ていただいたほうがよいので、とりあえず簡単で、使えそうな機能だけピックアップします。
     つかった動画は先日携帯電話の911SHでとった320x240の3gpファイルをffmpegでFLV1に変換したものです。画質は低め、音声も低めです。
     
     とりあえずまともに見える最低限の設定です。(本当はwidthやheightもいらないけど、入れないと表示が遅くなる)

     バーが見えるようになりましたが、その分画像が縦に縮小されてしまいました。バーは20pictのようなので、縦を20pict追加して、240から260にします。
     今のままではサムネイルが表示されてないので、サムネイルをimageオプションで表示させます。
     サムネイルは別途画像ファイルを用意します。

     だいぶ見栄えが良くなってきました。 バーの色変更をしてみます。ついでにストップボタンも追加します。 さらに超適当なロゴを入れてみます、ロゴは透過pngにしました。

    ダウンロードボタンも追加できます。ついでに縮小・拡大表示もできます。一応1280x720なんてのもできます(もちろんブログでは本文領域の横幅が決まってるのでそんな大きな解像度は無理。本ブログの場合512x384でもレイアウトが崩れる)

     コメントというかキャプションを追加できます。xmlファイルを別に用意する必要があります。
     xmlファイルをUTF-8にすれば、日本語も大丈夫なようです(WinXP+IE6では確認)
     ついでにニコニコっぽく左右に黒帯を追加してみます。白っぽい動画はこの方が見やすくなるかな。



     他にも、ブログ向きではないですが、自動スタートやループ機能も良さそうです。それ以外にもたくさん機能が組み込まれていそうですが、とりあえずはこんなところでしょうか。
     また、あまりにも高画質なものはやめた方が良いです。ローカルHDDに置いたH.264圧縮の1280x720, 60fps, 5Mbpsファイルを表示させたところ、固まってしまうことが何回かありました。
     また、FC2のホームページ用サーバに置くとダウンロードに時間がかかりすぎる。1280x720のファイルを無理やり512x288で高画質表示してみたり、1280x720のまま高解像度表示させるのはなかなか楽しいけど、固まることも。。。。
     ネットワーク環境にもよりますが、1Mbps以下が程良い感じですがそれだと有名配信サイトとあまり違いはないな。

    (追記) と思ったら、本日FC2ブログもニコニコ対応したようです。ますますこの記事の存在価値が。。。って関係ないですね。
     ニコニコニュース 「ニコニコ外部プレーヤーがFC2ブログにも対応!」
     FC2インフォメーション 「【ブログ】ニコニコ動画ツール公開のお知らせ 」  
    【同じカテゴリの記事】
    基礎から学ぶモバイルFlashコンテンツ作成講座―携帯電話用Flashを使ったサイト作成テクニックを実例で解説
    基礎から学ぶモバイルFlashコンテンツ作成講座―携帯電話用Flashを使ったサイト作成テクニックを実例で解説小松 学史

    技術評論社 2004-09-15
    売り上げランキング : 166073

    Amazonで詳しく見る
    by G-Tools

    関連商品
    Flash For Mobile
    携帯端末用Web制作バイブル 第2版 (ADVANCED WEB DESIGN BOOKS)
    携帯Flashスクリプト入門―Flash Lite「1.0」「1.1」対応 (I/O BOOKS)
    ケータイサイト実践運用ガイドブック
    ケータイサイト構築ガイドブック


    ≫ 続きを読む



    このエントリーをはてなブックマークに追加





    このカテゴリの最新記事一覧


    | ―HTML, JavaScript, Flash, JW FLV Player | 21時41分 | comments:4 | trackbacks:1 | TOP↑

    【書籍紹介】 東洋経済 「鉄道革命」 (90点)


    このエントリーをはてなブックマークに追加


    【書籍紹介】  東洋経済「鉄道革命」 (90点)

     仕事の外出で、1時間くらい電車にのるため暇つぶしに買った雑誌。経済誌で鉄道特集なんてなかなか無い、と思ったのもありジャケ買い。
    SUMMARY
    原油高、環境問題、渋滞といった難題解決のため、航空機や自動車から鉄道へシフト。今、世界で起きている“革命”を徹底取材した。

    40  図 解  
     世界は環境問題、
     都市渋滞に直面。
     鉄道の新しい世紀がやってくる
    42  01 陸海空を制圧 !  世界で起きるモーダルシフト
     ロシア 「シベリア鉄道」ビジネスが復活
     パリ―ロンドン 「ユーロスター」航空機を打倒
     スイス アルプス貫く「世界最長トンネル」
     日本 「トヨタ列車」で進むカイゼン
    62  02 高速鉄道を獲得せよ !  国際レール争奪戦の衝撃
     中国 大受注合戦の主戦場
     台湾 開業から1年の高速鉄道
     フランス TGV拡大戦略
    76 日本 「新幹線新時代」 N700系とファステック・リニア新幹線
    80 鉄道ビジネス加速 三菱重工、川崎重工、三井物産、住友商事
    86 03 もうクルマはいらない 都市交通の主役が鉄道に替わる
     富山・広島、路面電車で街づくり
     先進国フランス流の都市活性化策
     日本 「第二山手線」開業の余波/日暮里・舎人ライナーの勝算
     ロシア 休日は“新宿化”するモスクワ地下鉄
    102 04 過熱する鉄道ブームの現場 “一芸”に賭ける地方鉄道
     地方鉄道生き残りのあの手この手
    108 INTERVIEW|ニッポンの鉄道文化と鉄道ブーム 明治学院大学教授 原 武史
     「21世紀型の乗り物は鉄道。新幹線至上主義からの脱却を」
    109 日本銀行金融研究所・企画役 宇都宮浄人
     「欧州ではあえて狭い市街に鉄道を走らせ、渋滞を解消させている」
    110 100万人突破の鉄道博物館
    112 「Nゲージ」にはまる団塊と母親
    114 INTERVIEW JR東海会長 葛西敬之
     「アメリカでさえ鉄道が復権する時代が来ます。」
     「日本の高密度で効率的な都市は高速鉄道によって出現した」
     これが新書だったら80点くらいだけど、雑誌だから今を逃せばバックナンバーを買うのは新書より面倒。だから90点。この手の雑誌は普通駅のゴミ箱ゆきですが、この号は保存しよう。

     電車の中で85ページまで読み進め、もう終わりだろう。疲れたから寝ようと思いもう一枚めくったらまだ続きが・・・。目次をみたら、全部で11xページまである大特集だった。結局最後まで読んでしまった。

     内容は目次をみてのとおり、海外、国内、高速鉄道、地方鉄道、都市交通、貨物輸送、Nゲージ、博物館ともりだくさん。 締めが葛西会長のインタビュー。
     ほとんどの記事がちゃんと書いてあって面白いのだけど、一つあげると、台湾と中国と、今後の新興アジアの高速鉄道。最近は怠ってましたが、特に台湾新幹線が開業する前後半年の計1年くらい、こちらのまとめサイト 台湾高鉄のサイト(日本語版も充実してきたな!) や鉄道ジャーナルの記事(斉藤さんのコラムはもちろん必須)をチェックしてました。  そのため、東洋経済に書いてある内容は欧州仕様の問題、分機器の問題、JR東海の撤退など既知の話が多かったけど、上手くまとまってて良いですね。開業から1年以上たって安定運用に入りました。まだ、乗車率が少ないですが、乗客数は大幅な伸びは無いものの順調に増えてきており経営的にも悪くないのでしょう。あとは大きなトラブルもなく、いってくれることを願うだけです。

     中国への車両の輸出ですが、この記事では日本勢が優位にたっているとのこと。今後、コピー天国の国にどう売るかですね。確かに葛西会長のいうように売らない、教えない、関わらないというのもお人よしな日本人の選択としてはベターですが、売らななければ成らないという浅はかな指摘もどうかと。ここは中国人と日本人のビジネススタイルの問題ですからね。結局、日本製がほしいのだろうから、売るほうが強気な交渉ができればよいですね。ただ、この記事にあるようなドイツの事例のようになても困るし。。(高値でふっかけ、入札負けして、最終的に相当安値で販売)。

      あとはアジアやその他地域の高速鉄道案件を日本勢がどこまでがんばれるか。アジア各国は台湾や韓国を他山の石にできるし都市の形態も似ているので日本優位ですが、その他地域でがんばってほしいですね。そういえばイギリスは日立から高速鉄道車両買いましたが、やっぱり独仏から買いたくなかったからでしょうか?

     話は変わりますが、基本的に私はインフラ好きのようで、さらに経済とからませた記事がでてくれるのは単純にうれしい。鉄道ジャーナルがたまにこの手の記事をかくので、もっぱら読むのはジャーナル(定期購読まではしてないけど。。)
     鉄オタにもジャンルがあるらしく、時刻表、車両、写真、旅などいろいろあるらしいです。さて私はどれに入るのでしょうか・・・っていうか鉄オタとは思ってないです。  
     あと、この号には、「東芝 西田式「決断」と「思考法」 」なる記事も載ってます。確かに最近の東芝は 経営的に大きな決断が多いですね。
    HD DVD事業終結会見を開くことにした。ただし、NAND新工場投資との抱き合わせ会見である。ネガティブな印象を相殺する目的のあからさまな奇手だが・・・
    HD DVD撤退とNAND拡張の同時発表に対するコメントは、当時同じこと思った。納得ですw

    点数の基準 0-39点:買う必要なし ・40-59点:その分野に興味のある人、専門化ならかう価値があるかも。それ以外の人は買うメリットは余りない。または価値はあるけど高すぎる ・60-79点:買う価値あり。少なくとも 買った値段分の価値はある。 ・80-89点:買う価値あり。元はとって余りある。 ・90-100点:面白すぎ!! こんな値段でいいの??
    【最近の書籍紹介】


    このエントリーをはてなブックマークに追加





    このカテゴリの最新記事一覧


    | 【適当な書籍紹介】 | 21時00分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

    2008年03月 | ARCHIVE-SELECT | 2008年05月