2013年01月 | ARCHIVE-SELECT | 2013年03月

アイマスが100億円の経済ってほんとか?


このエントリーをはてなブックマークに追加


なんか、日経産業新聞でアイマスの記事が。。。 9.18とかコンプガチャとか色々あったけどアイマスも大きくなったと感慨深いです。

アイマス経済圏、膨張 | 2013年2月18日付 《日経産業新聞》
『アイマス経済圏膨張!!』日経産業新聞裏一面にアイドルマスターの記事が掲載される | Togetter


ところで、この記事の経済効果百億円とありますが、100億円ってどこからきてるんだろう、1年間なのか通年なのかわからないのでとりあえずざっくり計算してみたら、まあ大体100億円は変な値じゃないというのが分かった。

各所の数字は記憶がソースなので、適宜ソースを当たればもっと詳しい数字が出ると思うけど、オーダで合っていればいいので。

≫ 続きを読む



このエントリーをはてなブックマークに追加





このカテゴリの最新記事一覧


| ―ゲーム・アニメ | 02時00分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

固体ロケットの能力比較?


このエントリーをはてなブックマークに追加


米国のICBM、ピースキーパーの終末段階。複数弾頭を搭載できるので、光の筋が何本も見えてますね。
画像Wikipediaより:米国のICBM、ピースキーパーの終末段階。複数弾頭を搭載できるので、光の筋が何本も見えてキレイです。)



【関連記事】
  • ・イプシロンロケットの今後の開発スケジュールについて書き起こしてみた

  •  今年JAXA/ISASが打ち上げ予定の次期固体ロケットのイプシロンロケットなんですが、ちまたでは核ミサイル搭載のICBMになるんじゃないかという話があったりなかったりします。そこで本当にイプシロンロケットが他国のICBMと同様の搭載力があるのか、あるならどれくらいの能力があるかを比較できないかなあと思い、素人ながら、ちょこちょこ調べたりしていたのですが、同じことを定期的に何度も検索しているような気がしたので、適当にWikipediaやGoogle先生に聞いたりしたネットに転がっている情報をまとめただけ。


     ICBMの能力を調べていても情報がとりやすい米国のミサイルでも、宇宙ロケットと比較できる性能的な情報というのはあんがい無くて、どうしようかと思っていたのですが、ICBMから通常の衛星打ち上げロケットに転換して使われているらしいので、それなら比較できるでしょうか。ということで、比較表を作ろうと思いました。

    もちろん、弾道飛行(上に打ち上げ)と衛星打ち上げ(横に打ち上げ)で両者の打ち上げ軌道は違うのだけど。。。


     米国の地上発射型のICBMのMinuteman が Minotaur Iとして、同じくPease KeeperがMinotaur IVとして一部改修されて衛星打ち上げロケットになってます。打ち上げロケットなので、スペックがWikipediaにも乗ってるので比較できるようになりました。とはいえ、書いてあるソースによって数値も表記もバラバラなのでどの値を使えばいいかはっきり言ってわからないです。だからおおざっぱな目安としてだけ考えるしかなさそうです。(たいていこういう表なり数値を載せると、有効数値も考えずに議論したりするのがいますが、オーダーがあってれば良いレベルなんでしょう。機密も沢山あるでしょうし)

    ≫ 続きを読む



    このエントリーをはてなブックマークに追加





    このカテゴリの最新記事一覧


    | ―科学ネタ | 22時33分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

    2013年01月 | ARCHIVE-SELECT | 2013年03月