2014年12月 | ARCHIVE-SELECT | 2015年02月

スポンサーサイト


このエントリーをはてなブックマークに追加


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


このエントリーをはてなブックマークに追加





このカテゴリの最新記事一覧


| スポンサー広告 | --時--分 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

シンデレラガールズ(アニメ) 3話感想とか。


このエントリーをはてなブックマークに追加


   まずは気になった小ネタから。

 みくにゃんが何度も勝負挑むのも、モバマスゲームをなぞっていたとは、それはわからなかった。ライブの制服っぽい衣装もロックングスクールをモチーフにしてるとか、色々と既存ユーザのこと考えてるなあと。確かにみくにゃんは、「その衣装をかけて勝負にゃ!」といってるので、羅生門オンラインをしってる者として気づかなかったのは、まあちゃんと見てないからなんだけど。

 衣装合わせの時の島村さん、おしりのサイズが合わなかったんだね。さすが尻村さんと呼ばれることはある。

 かな子がなぜプチシュー配るんだ。可奈といいデブキャラのプチシューはお約束にいつからなったのか?

 セリから飛び上がるのは摩耶子を思い出すわけで。自分は翌日の回で急に今回は上手く出来ました!と言われて、事前情報は得てたのでこのことかと。でもアレホント危ないよね。ジャンプしての登場ってそこまで意味ある演出かと思わなくはない。

 本編は、まあここで自分が語るよりも良いエントリーはあるから自分が気になった部分としては、

 ライブ出演前に、最初はなんでジャンケンをするんだろうなんて思っていたんだけど、まず3人の好きな食べ物を言い合ったあとだから、ジャンプするときのかけ声を誰にするかをジャンケンで決めていたんだな。それで未央が勝ったと。だからジャンケン後に最初に凜と卯月が未央の顔なんだろうな。運も実力の内だからね。

 好きな食べ物は、生ハムメロンなんてマイナーなのが出てきたものだから、アイマスだしどうせ中の人の好みだろうと思ったが案の定。そのためFlyとFryのEngrish事案と、とChiken(バックトゥーザフューチャーで散々みた)の意味はさすがにオンエアー時に気づかなかったわけではないが、あくまで未央の好きな食べ物の意味だし、中の人ネタ優先と思い余り関係無い気がしてたんだけど、どちらなんでしょう。まあどうでもいいんですが。

 演技としては、最後のPの「いいステージでした」は、なんで17歳がこんな声出せるんだ?という非常に素晴らしい一言であった、いやこんな声出せるのおかしいでしょ。  もうその前の島村さんのドアップからの流れを何度リフレインしてることか。ここが夢みたいにきれいで泣けちゃうわけですよ。いやマジ泣きで。
 こんなに一部を繰り返すのは本家アニマス13話の竜宮が走ってきてからバックにiのイントロが流れてお疲れ様って伊織が言うところ以来だ。やっぱライブ回はライブ自体よりも終わったあとがいいんです。

 凜のアイドルになる意識の変化は3話の最初と最後で分かりやすく対比されてて
○3話冒頭
未央「いやー、アイドルってすっごく楽しいよね」
卯月「はい!、凜ちゃんはどうですか?」
凜「まだ実感わかないかな。ステージにたってる自分も想像できないし。
  アイドルの仕事ってこんな感じで決まっていくものなのかな?」

○3話ラスト
未央「なんかもう、全部がキラキラしてた。アイドルって、やっぱり最高!」
卯月「ですよね。 ですよね、凜ちゃん!」
凜 「、、うん!」

 卯月と未央はアイドルになるという意識は変わってないんだけど、凜の意識がライブ後で明らかに変わってる、成功体験って大事だよね。

 3話に直接関係ないけど、シンデレラの本来とストリーとしては、夜中0時になったら魔法が解けるわけだよな。毎話1分づつ進むと当然0時になるわけで、そうなったらどうなるんだろう。魔法使いはPであることは、このエントリーの前ので述べたと思うけど、Pがまさか奈落に落ちて死んでしまうとか。いやあのPなら首ひねるくらいで死にそうにないな。卯月の代わりに溶鉱炉に親指を立てながら沈んでいくシーンになるんだろうな。うん、これなら涙無しには見られないシーンだ、間違いない。

 冗談はさておき、魔法が解けるのだからPが別プロジェクトに移動するなして彼女達の前から姿を消してしまう。でもその後は魔法の力ではなく、自分の力で王子様を見つけだすというのがいいな。今時ただ待っているヒロインなんてディズニーでもやらないんのはレリゴーで証明済みだし。楓さんも0時回ったあとなのかもね。なんて思ったりしたり。なんか無印のエンディングっぽさが増すなあ。

タイトル
3話は予想どおり、ball->舞踏会->ライブはそのまま。蘭子も補足してくれてたし、タイトルどおりの内容だったね。以上。 4話タイトルは、「Everyday life, really full of joy!」となんか今までの3話分はシンデレラの物語にタイトルを合わせていたのに、4話はそれもなく、もうネタ切れかな。日常回っぽい雰囲気になってるし、とりあえず安心して見れることは保証されてそう。

 それよりもG4Uですよね。まだOFAの追加でも蘭子、杏から長くあいてやっと卯月が出たばかりなのに9人も出てくるとは一番の想定外だったわけです。G4Uの本家アニマスのときはどちらかというとゲームの開発実験用途と公式でも言っていた記憶があるのですが、そのためカメラ機能が回を重ねるごとに段々バージョンアップされていったりしていって、βバンを交わされている感じがしなくもなかった。そのわりにBDの値段からプラス1500円x9回分(だった気がする)と、おまけ程度の機能なの普通にゲームを1本買う以上にお金がかかるゲームであったわけです。

 で、シンデレラガールズのG4Uはさらにむごいことに1本あたり+2000円分の価値ということで、さらに搾取がむごいわけです。今回も毎回少しづつ機能なり背景と衣装を買えていくんでしょうね。カメラ機能はほぼ使い回しだろうけど、裏なり下にに回れるように制限を解除してくれるならかまわないんだが、まあないよな。

スポンサーサイト


このエントリーをはてなブックマークに追加





このカテゴリの最新記事一覧


| ―アイマス関連 | 20時26分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

シンデレラガールズ アニメ 第二話の感想とか


このエントリーをはてなブックマークに追加


 アニメはとても良いんだけど自分の中ですでにブログに書くのが飽きてきた感があるのはすでに否めなく、一応一話を書いてしまったので、とりあえず2話について何か書いて行ければと思います。と、いきなり言い訳で始まるのですが、とりあえず前回のエントリーで、二話のタイトルがうんたらかんたらと言ってましたが、haveの省略構文なので間違ってないということで決着なようです。 よくhave忘れますからね。わかるわ。それで意味が通じるなら別に無くてもいいんじゃないですかね。

タイトルついでに、三話のタイトルも今の内に書いておこうと思いますが、
「A ball is resplendent, enjoyable, and ...」
舞踏会はきらびやかで楽しく、そして、、、 というかボールって球しか意味が浮かばないなかで、舞踏会なんて意味があったのを初めて知った。 ビジネス英語だけ勉強してたら絶対出てこない意味だよなこれ。 

あとはどこかで上がってた扉にある、Cindellera Project Roomのスペルミス。 Engrish 事案ですね。 BD/DVD時には直ってる程度ですがね。 余り日本人が無理に英語使わなくてもいいと思うんですが、このシンデレラガールズのアニメはずっと英語タイトルで、しかもシンデラレの物語を踏まえたもので行くようなので、これから大丈夫なんでしょうかね。 まあ何でもいいんですが。

 で、第二話の感想ですが、一話とは打って変わってCG組の総出演というか、よーさん出てきたな。特に紗英社長が出てくるとは。これが一番ビックリだったな。小日向ちゃんとか、安部奈々とかは事前情報ですでに分かっただけにサプライズであった。 それ以外はまあ無難というか、ブルーナポレオンも声ついていたのに、それほどなんとも思わなかったというか千枝ちゃん今まで声付いてなかったっけ? と思ったくらいだしね。まあその程度の認識しかなかったと言えなくもない。
 ニューウェーブやフリスク、その他色々なのがモブで出てきてどんだけ出していくんだという初心者置いてけぼりの展開と、モバゲのゲームにある、エステやらエナドリやらベテトレさんやら、宣材写真が初期絵と同じとか小ネタがちりばめられていること、が既存ユーザ向けのサービスなんだろうなと。

 ストーリー展開としては、本家アイマスの1話のアイドル紹介と2話の宣材を合わせた感じで、まあそのままというか何というかひねりが無いというか、無難というか。一話はキャラを絞ってゆったりしだ非常に美しい導入に仕上がっていたのに、2話は必要不可欠なキャラ紹介をいっぺんにやらざるをえず消化不良っぽくなってるようななんたら。そのくせメインの14人以外にも大勢出すし、本家アニマス1話で思った初心者ついてこれないでしょ的な不安を若干持ってしまった今回の2話でした。まあ本家の場合は十数人のキャラ紹介を1話で全部やってしまった故の反省は今回のCG2話で生きているんだとは思った。
 そうそう、本家2話は伊織回なのに担当回っぽくないんだったな。最初だったからスルーだったけどあとあと分かってくるのが伊織かわいそう。 でもアニマスで伊織の好感度が大分あがったから担当回くらいあんな感じでもいいんじゃないかな。とおもった今日この頃。

 さて、最後に三話タイトルのballについてですが、ここでいう舞踏会は言うまでもなく美嘉のライブのことだよね。そうだよね。それしかないよね。そうとしか考えられないよね。 そうじゃなかったらどうしよう。 で、ステージは凄くキラキラで、とか美希の本家13話を思い出してしまうのですが、タイトル最後の、、、が意味深なのであり、ライブ前の不安や失敗をしていきなり挫折的な展開を持ってくるのでしょうか。 
 本家では後半に春香さんを追い込み、映画でも追い込みをかけられ、自分にとってはとても嬉しくないストーリー展開をされてしまったので一抹の不安がよぎりますが、まだTVは始まったばかりだし後半戦になっても今回は監督も違うしそこまでメインヒロイン()を追い込まないんじゃないかな。そうであって欲しいですね。
 まあそんなところですかね。次回については、これ以上考えてもしょうがないので来週待ちますか。

p.s.
YamahaがMioって名前のバイクを出しているらしい。



このエントリーをはてなブックマークに追加





このカテゴリの最新記事一覧


| ―アイマス関連 | 21時23分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

本家アイマス勢からみた アニメ シンデレラガールズ01話感想


このエントリーをはてなブックマークに追加


もうアニメ始まってたんですね。

一応私のアイマス歴ですが、
 本家アイマスは無印の2007年から追っていて、モバゲのシンデレラガールズは何気にiphone対応したかなり最初の頃からやっていてルールが良く分からないなかで、モチ拾いは一応しているCuP。(最初はガラケ対応のみでiphone対応が一月遅れたんだったかな)ただし無課金。でも特にここ半年くらいはログインしてるくらいで走りもしてない。

 というバックグラウンド。本家アニメ化のときは、春香さんがチャリ乗ってるの見ただけで号泣でしたが、今回はそんなこともなく「島村さんよく動くな」なんて対して感動もしなかった。

 デレマスで印象に残ってるのは、

  1. 初期のTVCMでシブリンに声がついたとき
  2. 最初にCD化したとき
  3. ゲーム上でボイスが初めてついたとき
  4. おねシンの初PV
  5.  この4つかな。特に初PVはこれはアニメ化する宣言と思えるので、特に印象に残っているかな。その後はあまり印象に残る記憶がないんですよね。



    タイトル

     そうそう、1話のタイトルなんですが、英単語でなく英文でしたね。

    「Who is in the pumpkin carriage?」

     この回だけかと思ったら2話も英文でこのままずっとぽさそうですね。 最初1話タイトル見たとき意味がわからなくて、いや単語は全部わかるんですがwhoとpumpkinの繋がりがわからなくて、なんでpanpkin?カボチャだよね。カボチャは誰? 意味分からん。carriageも荷車とか客車だよなあ。whoとつながらないよなと思いつつ、自分の英単語知識に疑問が生じてcarriageの意味を辞書で調べたら、

    「客車、台車、乳母車、〔大型の四輪〕馬車」

     おうこれか! カボチャの馬車!シンデレラの原作を考えればすぐにわかりそうな物だがすっかり抜けていた。 「誰がカボチャの馬車にいるの?」 プロデューサが王子様ではいけないから、今までと別の世界につれてってくれる王子様のいるお城に向かうための移動手段としてのカボチャの馬車か御者がプロデューサということかな?ふむふむ。 プロデューサは魔法使いではないんだね。

     で、2話は、「I never seen such a beautiful castle」
    haveがいる気がしなくもないが、このような記述が認められてるかは知らないし、バンナムならゲーム関連で普通にやってるネイティブチェックは簡単にできるだろうから。どちらにしろ意味は直訳すれば「私はそのような美しい城を見たことがない」

     そういえば346はミシロというんだよなサンシロウと呼んでしまうが。美城。Beautiful Castle。
    お城は346プロのオフィス(事務所)のことだよね。確かに765プロの小汚い事務所よりは大きくて美しいだろうさ。
    ということは王子様は誰なんでしょ?

    Cast a spell on me って言葉も初期PVから出してきていたし、シンデレラ原作をいろいろ絡めたタイトルが今後も出てくるんだろうなという予感のする一話でしたな。

     アニメの内容の話してなかったけど、背景が美しい。とてもよい。
     島村さんが待たされて練習ばかりなのにめげずに健気すぎる。
     ちょくちょく看板に小ネタが挟まってて、765も出てるしこういうネタはやりすぎない程度でWelcome。
     Pの不審者のキャラ付けは予想外。赤羽根Pと似たような好青年キャラじゃ被りすぎるし、でも、出しゃばりすぎないキャラということでこんな風になったんだろうな。色々考えないとこんなキャラにならないよなということは思った。実際生放送でもディレ1が言ってたしね。

     本家アニメの第1話は最初に13人全員だしてキャラ紹介回だったし、ゲームと同じでみんな売れてない設定だったので、13人のキャラ紹介としては公平で無難にまとめた感じはとてもあったのだけど、新規きついだろうなという感想はもった記憶がある。けどシンデレラの1話はすでに活動してる子もいるし、メインの3人はスカウトされてこれから活動開始という活動開始時期に差があるんだね。その方が徐々にキャラ紹介もできそうだな。

     これは勝手な想像だけど、本家アニマスは新規のP獲得よりも既存Pを満足させるという目的が強かった気がするが、アニメモバマスは新規P獲得に重点を置いてる気はする。既存Pの嫁がアニメに出るかどうかもわからんから全員を満足させることもできないしね。

    と、特にストーリには触れずにとりとめもなく書いてみた。以上



このエントリーをはてなブックマークに追加





このカテゴリの最新記事一覧


| 【misc.(雑記)】 | 23時30分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

2014年12月 | ARCHIVE-SELECT | 2015年02月

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。