NEXT | PAGE-SELECT | PREV

Linuxにソフトウェアをインストールする際に、普通はやらない失敗10選


このエントリーをはてなブックマークに追加


20080918-linux-server.jpg
「Linuxにソフトウェアをインストールする際にやってしまいがちな失敗10選」なんて、zdnetの記事があったんだけど、ちょっと面白い。
でもやっぱり自分はやらないよなと思うことも書いてあるので、自分の方法と比較してみた。



#1:.rpmや.debを採用しているシステムにもかかわらず、ソースコードからイントールを行う

これは、普通にソースからインストールするな。っていうかソースしか無いのが多いし。rpm(or apt or dpkg)使えというが、いちいちspecファイルなど作ってられない。特に急いでいるときなど最たるものです。
また私の仕事としては、システム屋さんなので環境を良く再構築することが多くずっと使い続けるシステムではないことから、後の事を余り考えないというのもある。


#2:パッケージ管理システムのGUIフロントエンドアプリケーションを使用しない

inittab はinit 3が基本だから、必要ない限りGUIにしてないし。
ただ、最近のRedHatやCentOSの設定は昔と違いGUIの設定も安定し、かつGUI設定が基本だったりするものが多くなったのと、依存関係が複雑になったので、viでカリカリ編集するのは向かなくなっているのも事実。
GUIとは言わなくてもシステムが用意したコマンドを使うようになりつつある。たとえば、system-config-xxxxxxなどを使わないと編集するファイルが複数あってわけがわからなくなり、困る

#3:利用可能なパッケージ一覧のアップデートを忘れる

まあ、#1でいったけど、すぐ壊すのであまりアップデートしない。っていうかセキュリティに注意しないと生けないようなサーバの利用方は余りしてないし、一番重要なソフトの互換性を考えるとどちらかというとシステムソフトウエア関連は基本導入時から廃棄されるまで固定になることが多い。
だから、apt-getやyumはほとんど使われない

#4:yumやapt-getへのリポジトリ追加を行わない

#3でapt-getやyumを使わないって言ったから、レポジトリ追加も行わない。


#5:ブラウザからのインストールを利用しない

これはしないな。普通でしょ。

#6:コマンドラインの存在を忘れてしまう

「telnetを使ってログインする管理者などいないのだ」とか書いてあるけど、ここにいるのですが・・・・、rootでtelnetログインとかいうエントリーも書いてるくらいですから。しかも結構アクセスも多いから、これには同意出来ない人も結構いると思う。

私の個人的な利用方としては、やはりWindowsの存在が大きいです。Admin権限がないWindows端末ではコマンドプロンプトからではtelnetでしか、Linuxにアクセスできない。Windows用のSSHクライアントあるけど、Admin権限ないとインストールできないのも多いし、dll無しのソフトでも最近は変なセキュリティの問題で簡単にUSBメモリからコピーできなかったり、その他理由から、SSHが使えないことが多々あるし、今日も仕事で困った。

だから、Linux側にもtelnetサーバを立てて利用することが多い。それじゃあtelnetでrootログインするんじゃなくて一般ユーザからsu -してrootになれば良いと言えばそうなのだけど、面倒だからrootでtelnetログインを許可する設定にしてしまうんだな。これが。
一応hosts.allowでIP制限はしてるけど。。。。

あと、Windowsでsshクライアントが使える場所であれば当然sshしか使わない。一応TTSSHがお気に入り。puttyは使い勝手が悪くて余り好きではない。


#7:手当たり次第にtarファイルを展開する

tarで展開したら、カレントディレクトリにどっさりファイルがでることは確かにたまにあるね。非常に鬱陶しいことこの上ない。まあ、私はこの記事のように、一旦ディレクトリを作って展開するということもたまにやるけど、普通は、tar tvf - xxx.tar などとtvオプションをつけて確認することの方が多いですね。


#8:Makefileを削除してしまう

make uninstall は使ってなかった。インストールディレクトリごと普通に消去していたやっぱり使った方が良いかな。


#9:アーキテクチャの異なるファイルをインストールしてしまう

これはあり得ないでしょう。i386とx86_64は理解できるとしてもppcと間違えるなんて信じられない。


#10:カーネルのアップデートに伴う問題への対処が悪い

セキュリティだけの問題でKernel Updateすることはないから実際はKernel updateすることは殆どないのだけど、まあ書いてある通りと言えばその通り。あとLinuxはサーバにしか入れないからグラフィックスカードで問題があることは先ずない。
あと、Kernelアップデートした後は再起動ってわざわざ書くまでもなく基本だと思うけど・・・・



なんか記事の内容とかけ離れた記述も多いけど、基本的には私の利用方法と似たところも多いし、違うところも多い。みなさんLinuxの利用方法はそれぞれということで、おわり。


【関連記事】


●はてなの中の人が書いてる、経験に基づいたWebシステム運用の本だから、実用的でマジでオススメ。 システム管理者の人に
4774135666[24時間365日] サーバ/インフラを支える技術 ~スケーラビリティ、ハイパフォーマンス、省力運用 (WEB+DB PRESS plusシリーズ) (WEB+DB PRESSプラスシリーズ)
安井 真伸
技術評論社 2008-08-07

by G-Tools




このエントリーをはてなブックマークに追加





このカテゴリの最新記事一覧


| ―IT・コンピュータ | 00時21分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑















非公開コメント

http://kenknown.blog42.fc2.com/tb.php/109-5628c2c0

≪ NEXT | PAGE-SELECT | PREV ≫