NEXT | PAGE-SELECT | PREV

【書籍紹介】半年間分の書籍紹介1 「サイエンス、IT関連」


このエントリーをはてなブックマークに追加


ブログで半年ほどまともな書籍紹介をずっとやってませんでした。
今日はお休みなので、本の整理をしたついでに半年前の書籍紹介以降に読んだ本を列挙していきます(余りにもつまんない本は除く、あと少し古い本が多いです)
こうやって、並べて見ると通勤電車の暇つぶしにから、ちゃんと読もうとして買ったものまで様々で統一性があるようなないようなリストになってしまってますが、私の趣味と傾向が偏ってることがよく分かるリストになってしまいました。(予想外に少ないなあ、どっか行って探せない本もあるけど、それでももっと買ってるかと思ってた)

一応予定ですが、こんな感じを予定してます。


科学・サイエンス

偽善エコロジー―「環境生活」が地球を破壊する (幻冬舎新書 (た-5-1))
武田 邦彦
4344980808

私も元化学屋ですから環境問題は中学高校時代から気になってるわけですし、修論など一応は序論で環境問題云々など書いているわけですが、昨今のエコロジー論は金の臭いしかしない。この本は数字を上げて今のエコロジー製作を批判を分かり易く説明した良書。少し感情的なところが研究者としてどうかと思うが、ジャーナリズム的には許容範囲か。(75点)




地球と一緒に頭も冷やせ! 温暖化問題を問い直す
山形 浩生
4797347236

これは地球温暖化について。大学の時はCO2取引は凄い、よく考えるなと思ったけど、仕事するようになって経済が少しだけ解るようになったのと、ビジネスする人間の狡猾さとかを知るようになってからはCO2取引に疑問を持つようになっていった。
この本はタイトルは微妙だけど、温暖化についてマスコミが騒いでいるのとは別の次元を数字やグラフを豊富に交えている点がいいですね。(75点)




太陽系はここまでわかった
水谷 淳
4163704809

書店でパラパラ見て、最近の惑星探査機のカラー写真がいくつかあったので、最新の太陽系の観測等を交えた本だと思ったら、ガリレオガリレイの時代からの惑星研究の歴史がほとんど。読み進めてそれに気づいてから、英語タイトルを見ると「LIVES OF THE PLANETS: A Natural History of the solar system]とあり、日本語タイトルにだまされたことになる。非常に腹立たしい。

それはさておき、英文タイトルが本の内容と思えば初心者向けの太陽系関連の本としては歴史的な経緯も載っているので読み物として面白い。ただ元々最新の観測データを簡単にまとめてくれている本を求めていた私としては、少々物足りない内容。(70点)




H5N1型ウイルス襲来―新型インフルエンザから家族を守れ! (角川SSC新書 12)
岡田 晴恵
4827550131

新型ウイルスについての情報がまた下火になってきましたが、個人でできるバンデミック対策はある程度やっておいた方がよいと思う。最近は東京都などの自治体レベルでも対応を始めるところが出てきて、著者らの活動が少しづつ実っているような気がする (70点)




iPS細胞ができた!―ひろがる人類の夢
山中 伸弥
4087813959

iPSを発見した山中先生と、京大名誉教授の重鎮畑中先生との対談本。
御大に怖々接する山中先生の語りと、丁寧口調の畑中先生のやりとりが面白い。(70点)




iPS細胞 ヒトはどこまで再生できるか?
田中 幹人
4534043848

iPS自体余り詳しく知らなかったけど、この本は上の本とは異なりジャーナリストが書いるので分かり易い。しかも現在解っていること解っていないことをちゃんと併記している点も好感が持てる。これでiPSについて見識が深められました。(85点)




新薬誕生―100万分の1に挑む科学者たち
小林 力
4478005508

大手製薬会社(創薬会社といってもいい)の新薬開発物語、19世紀の新薬開発の話ってのは数多ありますが、20世紀後半の新薬開発の話は余りないのですが、この本はそこを押さえいるため非常に価値がある。また7つの事例がありますが大手製薬会社ごとに1つのエピソードになっており、大成功の例だけを載せているため提灯記事的な胡散臭さも感じます。ただ、これと同じ感想を読了後に訳者後書きでも書かれていたことが可笑しかった。
それでも、余り伺いしれなく情報も出てこない創薬の現場の雰囲気を味わえる貴重な本。(90点)




ポアンカレ予想―世紀の謎を掛けた数学者、解き明かした数学者
志摩 亜希子 永瀬 輝男 鍛原 多惠子
4152088850

読んでいて眠気が襲う本。読了にすごく時間がかかった、しかも良く解らない。実験化学屋さんだったので大学時代は数学なんて全然やってないから苦手意識ありまくりです。あと、NHKスペシャルでポアンカレ予想の話を見たことあったので何とか読もうとがんばりました。そのNHKスペシャルも出来は良かった。(75点)




IT、コンピュタ関連


Macintosh名機図鑑 (エイムック 1512) (エイムック 1512)
大谷 和利
4777909921

2008年7月の東京国際ブックフェアに行ったときに著者サイン付きで買ったから。サインは別段いらなかったけど・・・まあ、懐かしいMacの歴代機が美麗な写真で眺めることができるのってのは良いですな(65点)




Googleを支える技術 ?巨大システムの内側の世界 (WEB+DB PRESSプラスシリーズ)
西田 圭介
4774134325

これもなかなかのもの。Googleが公表している英語の論文を丁寧に追った力作。日本語で読めるようにしただけで、感謝です。(80点)




[24時間365日] サーバ/インフラを支える技術 ~スケーラビリティ、ハイパフォーマンス、省力運用 (WEB+DB PRESS plusシリーズ) (WEB+DB PRESSプラスシリーズ)
安井 真伸
4774135666

こちらは、Googleの本と違って「はてな」の中の人が書いてるからすぐに使える内容が満載。運用に必要なスクリプトもそのまま乗っており、運用ポリシーは参考になります。特にHTTPとNFSを使ったWebサーバファイル共有はちょっと感動した(80点)



>次回に続く・・・   (次は歴史編、10/15日(火)夜の予定)

カテゴリ【知ったか書籍紹介】


このエントリーをはてなブックマークに追加





このカテゴリの最新記事一覧


| 【適当な書籍紹介】 | 23時00分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑















非公開コメント

http://kenknown.blog42.fc2.com/tb.php/117-ac1ee3a8

≪ NEXT | PAGE-SELECT | PREV ≫