NEXT | PAGE-SELECT | PREV

高額当選の宝くじを換金しに行きました


このエントリーをはてなブックマークに追加


www.flickr.com/photos/cheesepicklescheese/419050330/

先日、「宝くじの高額当選の写真」という記事と写真を載せましたが、このお世辞にも高額とは言えない宝くじをやっと換金に行ってきました。

たかだか十万円ですが、いつもの銀行とは少しだけ違った窓口対応が見られたのは収穫でした。あまりこのブログでは日記的なことは書かないようにしてましたが、前回の件もあるので少しだけ体験談を書かせてもらいます。







ダンディな伯父様

所詮、自分は会社勤めの身なので仕事のお昼休みを狙って、近くの「みずほ銀行」に行ってきた。当然だが今日は昼飯抜きは確定だ。そういえば宝くじの換金はどうやるのだろう。昨今はATMでも税金の支払いができるようになり、窓口を利用する機会もめっきり減っているのだが、それ以前に宝くじ高額当選の処理方法は初めてだ。どうすれば良いかわからない。

昔というかまだみずほ銀行が第一勧銀と言われていた時代。TVで億単位が当たった人の小芝居などやってたのを見た覚えがある。ただ、さすがに微妙な金額である10万円の体験談は見たことも聞いたこともない。
しかし大金でもないので何とかなるだろう、といつもなら不安でGoogle先生に頼りっぱなしにもかかわらず、今日は颯爽と銀行に直行だ。

みずほ銀行へ向かう道すがら思い返して見たのだが、TVで見たときは別室に呼ばれたりなんてのがあったような気がする。10万でも別室に呼ばれるのか? どうせカウンターで終わりだろうとは思いつつ、別室に行けたらどうしよう・・・ などとつまらない妄想を抱きながら、当選くじを持ってお昼休みでごった返す銀行に侵入した。

入口をくぐるとすぐ店員が寄ってきた。挙動不審を感づかれたか? 入金、出金、税金振り込みくらいなら少し鬱陶しい対応だが、今度ばかりはそうもいかない。逆に私が入る前に行員を探してたくらいだ。
白髪混じりの男性行員と品の良い女性行員がいたが、私に近かったこともあり男性行員が寄ってきた。こういう話はなんとなく男性の方が安心する。

年は還暦前後だろうか、還暦過ぎていれば銀行退職後に再就職してるのだろうか、はたまた合併々々で作られた余剰人員、所謂エリート行員の成れの果てか。そうすると今は銀行入り口に立ってる仕事でも、年収は軽く自分の何倍ももらってるのか・・・ どうでも良い考えが頭をよぎる。

銀行員「今日はどういったご用件で」

ありきたりのフレーズが今日は耳に新鮮だ。
そこで大きな声で言うこともないが、ささやく声で。というほどの金額でもないので、普通の声で

俺「タカラク・・・」
までいうとその行員。忍び足でに間合いを詰めてきた。その急な行動に少しおののいてしまった。

銀行員「それで、いかほどでございましょうか」
耳元でささやかれた。

ああ、そうだよなあ。もしかしたら3億円かもしれないもんなあ。そういう行動にでるよなあ。でも残念ながら10万だ。何か変に気を遣わせてしまった。

そのため私は自信なさげに「えっと、十万円です・・・」と心の中で小額ですみませんという念を込めて応えてみると、向こうは申し訳なさそうに、でも普通の大きさの響く声で、

「さようですか。金額を伺ったのは百万円以上では記入する用紙が異なるので、このような事を伺ってしまいました。申し訳ありません。」

と言われるわけです。「チッ、なんだ十万か」と心の声が聞こえたと思ったが多分自分の性格が歪んでいるせいだろう。

ここから先は、銀行の窓口で預金をを引出すのとほぼ同じだ。用紙に書く内容は至って普通で、記入するべき内容も名前と住所だけだし書く場所もいつもと同じ場所だが、用紙はどこか奥の方から持ってきた宝くじ専用の記入用紙だというのが唯一違う点だ。 
用紙の記入がそろそろ終わるかなって横を向こうとすると、待ち構えていたのだろうダンディなおじ様が番号札を持って寄ってきた。

銀行員「それでは、そちらでお待ちになっていただいて、番号が呼ばたら窓口までお願いします」

はあ、そうですか。普通に窓口なんですね。しかも番号札。 少なくとも個室へお呼ばれされないのは確定だ。


窓口のおばさん

お昼休みは少し客で込んでいる。月末じゃないけど、やはり年末だからだろうか。それはそうと、いつもなら銀行窓口前で通帳を持っているものだが、今手に持っているのは用紙と番号札と当選宝クジだけというのは、少し奇妙な感覚だ。厚みが足らない。左手に雑誌を持てばバランスが取れるだろうか? そんなしょうもないことを考えながら待つこと10分、お昼にしては案外速かったがようやく自分の番号が呼ばれた。

窓口は四・五十くらいのおばさんだ。まあ開いている窓口全部がそうだから選択の余地はない。銀行の合併話が吹き荒れた頃から窓口はおばさんばかりだ。新入社員に当たる確率が減って仕事が早い分、お昼休みのサラリーマンには助かるわけだが。

3枚の紙をカウンターに置くと、

窓口「!、おめでとうございます」

おー、少し嬉しい。
でもサプライズはそれで終わり、その後は普通の事務処理だ。

窓口「それでは暫く、お座りになってお待ちください」

またですか。本当に預金の引き出しと変わらない。

やることも終わって後は待つだけだ。手持ち無沙汰なので飾ってあるディスプレイの株価と為替を見るが、相変わらず酷い値だ。何でこんなことになったんだろう。ここ1,2年株やFXやってなくて良かったようなものの、空売りしたら儲かるかな?
さらに10分経過。チェックしてるのだろうがさすがに長いです。もうすぐ昼休みが終わってしまう。そわそわし始めたところで、やっと名前が呼ばれた。

窓口に行くと、諭吉さん10枚をATMに無造作に置いてあるのと同じ封筒に入れただけ渡してもらった。もちろん中身も薄いが入っている。 当たり券は没収されたので本当に封筒だけだ。預金の引き出しでは通帳も返してもらえるから、色々と物足りない。

お金も貰ったしもう用事は終わりだ。あとは気取られないようにそそくさと銀行を後にした。そうそう会社でも変に感づかれないようにしないとな。なんてもうすぐ1時を指そうとする時計を見ながら、昼飯のことも忘れて職場に戻るのであった。 


おしまい。



余談。そんなわけで、不労所得として得たこの10万ですが自分へのご褒美もなく普通に生活費として消えている今日この頃。これでは定額給付をもらっても消費には回らないな。





【関連記事】


「宝くじ」高額当せん者 (宝島社文庫)「宝くじ」高額当せん者 (宝島社文庫)

宝島社 2002-06
売り上げランキング : 315803
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

宝くじを買う人は、仕事ができない ~「ダラダラ残業」におさらばする10の力~宝くじを買う人は、仕事ができない ~「ダラダラ残業」におさらばする10の力~

インプレスジャパン 2007-07-19
売り上げランキング : 176452
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



全然関係ないけど、totoで6億円が当たったらしい人のブログ 
goodのブログ



このエントリーをはてなブックマークに追加





このカテゴリの最新記事一覧


| 【misc.(雑記)】 | 00時00分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑















非公開コメント

http://kenknown.blog42.fc2.com/tb.php/142-42ae7342

≪ NEXT | PAGE-SELECT | PREV ≫