NEXT | PAGE-SELECT | PREV

○○大師ってつく寺と神社の線引き - Twitterまとめ


このエントリーをはてなブックマークに追加


iphone 3gs が安いと言われた竹の塚の鈍器に行ってきた。でも買わなかった
帰りのついでに、近くにたまたまあった西新井大社に参拝に行ってきたら、幼女が沢山いた。 今日は753らしい。
西新井大社じゃなくて、西新井大師だった。 大社だと神社だよ。
でも川崎大師とか、西新井大師もそうだけど、基本仏教寺なのになぜ賽銭箱があるんだろう。
あと、なぜか寺なのに元旦は初詣で満員
まあ、神仏混交の国だから気にしなくても良いのだが、やはり違和感が




iphone3GSはどこで安く買えるのだろう・・・

まあ、それはさておき、川崎や西新井のようなお寺と神社はやっぱり建物の雰囲気も違うし、お釈迦様の像のあるなしなど、結構違うと思うのだが。
特に元旦にお参りにいく人はそのあたりどう思ってるんだろう。

特に元旦については、小さい頃の習慣は大きいかもしれない。 自分の場合は親に近くの稲荷神社と、ちょっと遠いけど、全国的に有名な大きい神社によく行かされた。
だから、元旦にお寺にいくという感覚がいまいちわからない。 これら○○大師のお寺の近くに住んでいる人も、近いからいってるんだろうし、近くて大きければなおさらかな。 

あと、この両お寺は、特に駅などにはよく壁に「元旦は○○大師へ」とか貼ってある。あとは「初日の出は、○○山へ」。というパンフレットもよく貼ってあるな。 

そのような営業活動は神社では余り見ない。そういう意味ではお寺の営利活動は活発です。

「牛に引かれて善光寺」というのも、江戸時代に善光寺へのお参り観光を案内するキャッチコピーらしい。かなり優秀なコピーライターが考えたんだろう。 また善光寺の本尊は山の上にあるのだが、そこに行くまでには客が色々と小銭を落とす仕掛けもあるらしい。大きなお金は落とすのに客は抵抗するけど、小銭は抵抗感すくない。でも小銭も何度も集めれば大金になるとかなんとか。
まあ、善光寺いったことないけど。(死ぬまでには一回くらいいっときたいね)



このエントリーをはてなブックマークに追加





このカテゴリの最新記事一覧


| 【misc.(雑記)】 | 00時00分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑















非公開コメント

http://kenknown.blog42.fc2.com/tb.php/184-54087ea8

≪ NEXT | PAGE-SELECT | PREV ≫