NEXT | PAGE-SELECT | PREV

スポンサーサイト


このエントリーをはてなブックマークに追加


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


このエントリーをはてなブックマークに追加





このカテゴリの最新記事一覧


| スポンサー広告 | --時--分 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

FLVファイルから音楽データ MP3やAACを取りだす


このエントリーをはてなブックマークに追加


前回はiTuneをつかって、911SHで読めるAAC音楽ファイルをつくる方法を書きました。今回は、FLVファイルからMP3やAACに変換する方法について書きます。
 FLVから音楽ファイルを取る方法は色々なサイトでも書かれてますが、911SHは固定ビットレートのAACファイルしか再生できません。MP3は再生できません。これは911SHを購入してから知ったのでどうしようもありませんが、元々これらの機能が必要だったわけではないので、文句は言えません。
 

●FLVファイルからMP3を取り出す方法


 携帯動画変換君を利用したMP3を抜く方法は、Webにたくさん情報が載ってますので、そのままです。iniファイルの[itemXX]部だけ抜粋します。
[Item0]
Title=FLVからMP3を取り出す
Command0=""<%AppPath%>\cores\ffmpeg" -y -i "<%InputFile%>" -vn -acodec copy "<%OutputFile%>.mp3""
  1. -vn : ビデオはコピーしない
  2. -acodec copy : 音声データをエンコードなしで、コピーだけする

 FLVの中のMP3部分を分離するだけなので、エンコードの必要がなく高速です。
 携帯動画変換君付属のffmpeg.exeでも問題なく動きました。

 

●MP3ファイルからAAC(m4a)ファイルを作成する方法



 MP3->AAC変換用のiniファイルの[itemXX]部だけ抜粋します。
[Item1]
Title=MP3 から AAC(m4a) に変換
Command0=""<%AppPath%>\cores\ffmpeg%>" -y -i "<%InputFile%>" -acodec aac -ac 2 -ab 64 -r 44100 "<%OutputFile%>.m4a""
  1. -y : ファイル名が同じとき、確認なしで上書き
  2. -acodec : 変換につかうライブラリ
  3. -ac : 1がモノラル、2がステレオ
  4. -f : ファイルフォーマット 
  5. -ab 64: kbps

 注意点として、MP3の時とは異なりAACへの変換はエンコード処理にCPUを使うため少し時間がかかります。

 

●FLV4ファイルからAAC(m4a)ファイルを作成する方法


上の2つを組み合わせて、Command0、Command1とし若干修正することで、直接AACを作ることもできます。
[Item2]
Title=FLV4 からAAC(m4a)に変換
Command0=""<%AppPath%>\cores\ffmpeg" -y -i "<%InputFile%>" -vn -acodec copy "<%OutputFile%>.mp3""
Command1=""<%AppPath%>\cores\ffmpeg%>" -y -i "<%OutputFile%>.mp3" -acodec aac -ac 2 -ab 128 -r 44100 -f aac "<%OutputFile%>.m4a""

  注意:この設定ファイルのまま使うと、副次的にMP3ファイルも残ります。
  あと、最新のffmpegではFLV4入力に対応してるので、いったんMP3を作らなくても一発で変換できます。あくまで携帯動画変換君に付属してるffmpegだけで変換する方法です
 
 911SHのインターフェースがしょぼいのでもう携帯で音楽聞かなくなってるのですが。。。。最新の機種は知らないのですがおそらくインターフェース良くなっているのでしょう。


【関連記事】


(追記 2008/5/29)
 新しく、エントリー増やそうか迷ったけど、大した内容でもないのでこちらに追記しときます。
 この記事にも書きましたが、FLV4ファイルは携帯動画変換君に付属のffmpegでは入力に対応してないので、いつもはこちらのサイトからWindows版をダウンロードさせてもらって使ってます。(Linuxでは自分でコンパイルして使えるようになったけど、Windowsではまだ上手くコンパイルが通らない orz)

 余談はさておき、ffmpegのアップデートが頻繁だけど、大きな変更はないので私は未だにrev.12143を使ってたりします。私の場合、こちらのサイトからダウンロードしたffmpeg.exeをffmpeg_12143.exeとリビジョン番号を付けてファイル名を変更したあと、携帯動画変換君の「cores」フォルダに入れます。この時ファイル名変更せずに元からある携帯動画変換君に付属のffmpeg.exeに上書きしないようにしてます。そのため付属のffmpeg.exeは上書き予防と混乱防止のためffmpeg_kdh.exe等、わかり易い名前にしてます。

 iniファイルで書くのが面倒なので、コマンドラインで書きます。携帯動画変換君付属のffmpeg_kdh.exeとは書式が異なるので注意が必要です。 <br>
(ステレオ、128kbps、44100kHzで変換)
C:> ffmpeg_12143.exe -i my_song.flv -acodec libfaac -ac 2 -ar 44100 -ab 128k my_song.m4a   
 赤字で書いたところが携帯動画変換君のffmpeg_kdh.exeの引数とは異なるところ。

 ちなみにffmpeg_kdh.exeはH.264には対応してるので、最近ニコニコで多くなったmp4ではffmpeg_kdh.exeだけでも実は問題なかったりします。(もちろん新しいffmpegは問題なし)
(ステレオ、128kbps、44100kHzで変換)
C:> ffmpeg_kdh.exe -i my_song.mp4 -acodec aac -ac 2 -ar 44100 -ab 64 my_song.m4a   
 ffmpeg_kdh.exeは-acodecの記述と、-abの記述が異なります。-acがaacかlifaacかの違いと、ビットレートに「k」がつくつかないのはよく間違えます。ビットレート数字が半分になるのはよく混乱します。

 そうそう、ffmpeg_kdh.exeのaacエンコーダは古いせいか、私が良く使う音声データでは、ビットレート指定で100kbps以下にしても指示通りにサイズにしてくれない。96kにしたい時も微妙に容量が増えてしまう。
 また、最近のニコニコムービーメーカーで作られたファイルは圧縮swfとか使ってるらしく、ffmpegでは入力対応してないんですよね、非圧縮swfにはffmpegは対応してますけど。圧縮swfを読めるデコーダからmp3ファイルを抜きだし、ffmpegをとおしてAAC化すのもアリです。まあそれは別の話なので、必要なひとは色々ググりましょう。
と言うのもあれなので、私はいつもSWF COOK http://www.vector.co.jp/soft/dl/win95/art/se241099.html を使ってます。コマンドベースで取っつきにくいかもしれませんが、私は重宝してますし、携帯動画変換君を利用するのであれば、コマンドベースの方が良いでしょう。これであれば、NMMの圧縮SWFを解凍できます。解凍したswfファイルは普通にffmpegで読むことができます。

 (最初は、「お気に入りの動画を携帯で見よう」さんのところからダウンロードした最新のffmpegでの話は書いてなかったのですが、何となくそろそろいいかなと思い追記しときます。)




このエントリーをはてなブックマークに追加





このカテゴリの最新記事一覧


| ―携帯, iPod, PSP 動画変換 | 09時12分 | comments:0 | trackbacks:1 | TOP↑















非公開コメント

http://kenknown.blog42.fc2.com/tb.php/19-185c6012

高圧縮なHE-AACを、911SHで聞いてみる

 911SHでいろいろ検証していたら、2GBのmicroSDが一杯になってしまいました!! 2GBなんて携帯を買い換えるまでの2年間で使いきれる訳がない思っ...

| ケンちゃんの「知ったかブログ?」 | 2008/04/16 12:18 |

≪ NEXT | PAGE-SELECT | PREV ≫

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。