NEXT | PAGE-SELECT | PREV

大塚国際美術館からはじまる日本の美術館、博物館運営について


このエントリーをはてなブックマークに追加




徳島の大塚国際美術館の話題が最近でたよね。http://alfalfa.livedoor.biz/archives/51522252.html
5-6年前一回いったんだけど、この話聞いてまたいきたくなった
でも遠いんだよね。
あと高い。入館料が高いのもあるけど、それは我慢するにしても、行く方法。バスでいくと、神戸発のがあるけど、往復で時間も費用も結構かかる
自家用車でいくにしても、明石大橋、鳴門大橋をわたるためにそれだけで結構お金がかかる
そのために、見に行くだけで一日作業になってしまう
ただ、中の展示はなかなか面白い
レプリカというかコピー美術館と良い意味で割り切っているので、美術の教科書や歴史の教科書に載ってるような名画が惜しみなく展示されている
日本にある普通の美術館は、美術品が本物ゆえに2流や3流のしかない。 西洋画の1流品や特級は国外に流出しません。あたりまえだが。
日本で一流のがみられるとしたら、たまにある企画展で数品展示されるくらいかな。
あとは当然ですが、国立博物館などでの日本の美術品は一流のが多い。 海外に日本の一流品は普通流出しづらい
というわけで、大塚国際美術館ですが、コピーなので大作がめじろおしです。
一番記憶にあるのは、ナポレオンの戴冠式の有名な絵。
映画館のスクリーンくらいあるんだよね。 でかすぎです
将棋の対戦が行われたシスティナ礼拝堂は、ようこんなの作ったは。ってくらいですな。
対戦の写真をみると、自分がいったときよりも、絵が増えてた気がする。 自分がいったときはダヴィンチが書いた部分しかなく、それ以外は白い壁だった。
そこで知ったのは、礼拝堂の天井絵はダビンチ以外の人も書いていてるってこと。
あと、大塚国際美術館でいいのは、写真とりまくりなこと
写真とってもいいですよって館員の人に言われる。 そのときは記念写真的に人が絵といっしょに写らないといけない。といわれた。
コピー対策らしいが、コピー美術館のくせにその複写を許さないとか、どんだけ!
まあ、それはさておき普通の美術館でも写真OKなところは多いですよ。 上野の国立西洋美術館に先日言ってきましたが、普通に写真OKでした。
ただ、当然ですが普通の美術館はフラッシュ禁止です。  逆に大塚はフラッシュOKです。
デジカメだと自動でフラッシュがONになってたりするので、普通の美術館ではいつもビクビクするのですが、大塚では気兼ねなくフラッシュが焚けます
もちろんフラッシュたいても大抵はきれいに見えないので意味内のですが、焚いても問題ないのは精神衛生的に非常によいです。
なんでフラッシュが良いかというと、絵をコピーしてかいてるのではなく、最後に陶板にして焼いてるんだそうです。
保存のためとか、色の保持のためとか専門的な話なので、単純に楽しむだけなら関係ないですけど。
ただ、陶板なので作る大きさが決まっています。 横1mくらいたて数mくらいが一番大きなものだったと思う。
そのため、大規模な絵になると、この陶板を複数枚張り合わせてあります。 その張り合わせの線が見えるので、これが結構萎えます
小さい絵であれば、当然張り合わせの必要がないので、普通に鑑賞できます。
あと、陶板なので平面です。 油絵は絵の具の盛り方も鑑賞のポイントなのですが、当然平面なので盛りもないです。 そのため油絵は薄っぺらくみえます。
大塚国際には日本人の大好きな印象派の絵が少なかったのですが、たぶん絵の具の盛りは重要な要素だったのかもしれません。
昔とったデジカメの写真を今朝探そうとしたけど、出てこなかった。 もっと探せばあると思うけど・・
戦後、大企業になった会社が創立者の故郷に美術館をつくるのが流行りましたね。 故郷に錦を飾るとはまさにこのことですな
メナード美術館は有名ですね。 大塚国際も当然そうですね。
メトロポリタンなど、アメリカでは美術館に寄贈というのが多いですが、日本では美術館立てちゃいますからね。 もちろん寄贈も多いですが。
昔、野口悠紀夫先生がどこかの本でコピー美術館があればいいのにといってたけど、大塚を知らなかったのかな?
そのときに、オルセー オランジェリーには印象派の超一流品がありすぎる。日本にも少しわけてくれとか言ってた気がする。 確かにこの2つの展示品は異常
日本はばかだから、国立博物館も東京、京都、奈良、九州と作りすぎる。しかもどれも狭い
なんでもそうだけど集積の効果ってのを知らないのかな。 上野がいいのは美術館、博物館が集まってるから。
合羽橋や、人形町や、銀座や、秋葉原や、歌舞伎町やら、そこにいけば専門店が多くて目的のものが手に入るというのが日本の町、特に東京のいいところなのに。
オルセー オランジェリー、ベルサイユとフランスも大体集まってるからね。
ごめんベルサイユじゃない。ルーブルだ。  オルセー オランジェリー、ルーブルは数百m圏内。
そういえば、JR東海が、東に対抗して新しく鉄道博物館を独自につくるらしい。 ばかじゃないの?
東の大宮に移転した鉄道博物館の人気に嫉妬してるみたいだ。
名古屋もばかだよな。 博物館の集積まったく考えてない。
トヨタは勝手に辺鄙なところに立てるし、JR東海も確か金城埠頭につくるらしい。  名古屋ならスミソニアンのように、産業系の展示でいいのができそうなのに。
名古屋というか愛知だけど、トヨタが自動車と織機。三菱重工が最近のロケットと、飛行機。  あとはTOTOとかガイシといった陶磁器会社 ざっと思いつくだけでも面白そうな博物館郡ができそうなのに。
まあ、いいや大塚国際に戻るけど、遠い。
繰り返すようだけど、日本に西洋画展示した美術館は多いけど、みんな展示がしょぼい。  分散しすぎなんだよな。
航空行政も似た感じだよね。 全ての県(というか藩)に空港つくってどれも中途半端。
空港も美術館、博物館も集積が必要です。ハブ化だね。
そうそう、日本の美術館や博物館が狭いのは、たぶん「じっくりみれば一日かかります。」っていういいわけじゃないかな。 じっくりみるかさっとみるか見る側が決める。余計なお世話
上野の京成動物園博物館はなくなって大分たつね。
京成博物館動物園駅だった。
だいたい、2流や3流が多くなりがちなのに、そんな絵をじっくり見てもねえ。
東京西洋美術館でも常設展の展示レベルは決して高くない。 もちろん国立博物館は日本の扱ってるだけあって、レベルが結構高い。 西洋美術館はすぐ飽きるけど、博物館は一日いても飽きない
どこか最近のニュースで、各地につくられた美術博物館の美術工芸品の品質管理がむごいらしい。 学術員も少なく維持費もないかららしい。
結局いろんなところに作りすぎて、内容もしょぼくて人も集まらず、予算もけづられ、運営にこまるけど廃止もできずって感じか。
企業が作った美術館もなんか成金が美術の価値もわからず適当に買ってきて、適当につくったって感じだしね。
どちらにしろ買える美術品なんて2流以下なんだし、1流以上は門外不出。 それゆえに独自路線の大塚国際はエライよ。
場所は場所で問題だけど、山崩して作ってるから、土地を広げようと思えばまだ広げられるし、陶板だから湿度とか関係なくて維持費もかからなさそうだし。
どうせだったら、西洋のもいいけど、日本や中国の美術品のコピーもあるといいよね。 別に陶板みたいに作るの手間かかるのじゃなくていいから。
屏風とか書とか。プリンターで印刷しただけでもいいよ。って思う。
コピーとはいえ、元が超有名な美術品が何十何百って並んでいるのはある意味壮観だろうな。
西洋画についてはもうなってるけど
プリンターで美術品のコピーを頑張ってるのは、日本ではHP。
日本のプリンタメーカーもっと頑張れよ。
そうそう、それなら大塚資本じゃなくていいけど、例えば徳島県が大塚国際の近くに日本・中国画とかある東洋美術・博物コピー館つくるのはありかも。 もちろん歩いていける圏内
屏風、巻物、書、襖絵の間とか、茶碗や白磁青磁もいいね。
でもレプリカ美術館くらいなら、日本のプリンタベンダーがやってもいいよね。
コピーを問題視するひともいるけど、美術品は3流の本物と超一流のコピー、どちらがいいかという発想
そういえば、大塚製薬って、大衆薬や、オロナミンCやポカリスエットとかで有名だけど、いわゆる創薬やほとんどやってない。 まあジェネリック会社とはいわないけどねw




しょせん、記憶と願望で書いてるので、色々間違ってるかもしれませんが、各方面をdisる気持ちは毛頭ありません。もし間違いがあるようでしたら、ご指摘下さい。



このエントリーをはてなブックマークに追加





このカテゴリの最新記事一覧


| 【misc.(雑記)】 | 00時00分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑















非公開コメント

http://kenknown.blog42.fc2.com/tb.php/195-5649de0b

≪ NEXT | PAGE-SELECT | PREV ≫