NEXT | PAGE-SELECT | PREV

スポンサーサイト


このエントリーをはてなブックマークに追加


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


このエントリーをはてなブックマークに追加





このカテゴリの最新記事一覧


| スポンサー広告 | --時--分 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

固体ロケットの能力比較?


このエントリーをはてなブックマークに追加


米国のICBM、ピースキーパーの終末段階。複数弾頭を搭載できるので、光の筋が何本も見えてますね。
画像Wikipediaより:米国のICBM、ピースキーパーの終末段階。複数弾頭を搭載できるので、光の筋が何本も見えてキレイです。)



【関連記事】
  • ・イプシロンロケットの今後の開発スケジュールについて書き起こしてみた

  •  今年JAXA/ISASが打ち上げ予定の次期固体ロケットのイプシロンロケットなんですが、ちまたでは核ミサイル搭載のICBMになるんじゃないかという話があったりなかったりします。そこで本当にイプシロンロケットが他国のICBMと同様の搭載力があるのか、あるならどれくらいの能力があるかを比較できないかなあと思い、素人ながら、ちょこちょこ調べたりしていたのですが、同じことを定期的に何度も検索しているような気がしたので、適当にWikipediaやGoogle先生に聞いたりしたネットに転がっている情報をまとめただけ。


     ICBMの能力を調べていても情報がとりやすい米国のミサイルでも、宇宙ロケットと比較できる性能的な情報というのはあんがい無くて、どうしようかと思っていたのですが、ICBMから通常の衛星打ち上げロケットに転換して使われているらしいので、それなら比較できるでしょうか。ということで、比較表を作ろうと思いました。

    もちろん、弾道飛行(上に打ち上げ)と衛星打ち上げ(横に打ち上げ)で両者の打ち上げ軌道は違うのだけど。。。


     米国の地上発射型のICBMのMinuteman が Minotaur Iとして、同じくPease KeeperがMinotaur IVとして一部改修されて衛星打ち上げロケットになってます。打ち上げロケットなので、スペックがWikipediaにも乗ってるので比較できるようになりました。とはいえ、書いてあるソースによって数値も表記もバラバラなのでどの値を使えばいいかはっきり言ってわからないです。だからおおざっぱな目安としてだけ考えるしかなさそうです。(たいていこういう表なり数値を載せると、有効数値も考えずに議論したりするのがいますが、オーダーがあってれば良いレベルなんでしょう。機密も沢山あるでしょうし)





    2011-sagamihara-MV2-03.jpg
    (相模原のM-V。一般公開のときに筆者撮影)

                                                                                                                                         
    とりあえず、固体ロケット(液体じゃない)、ICBMの比較表
    ロケットor
    ICBM名
    所有国 LEO
    ペイロード(kg)
    SSO
    ペイロード(kg)
    ICBMとしての
    射程
    ロケット
    全重量(ton)
    ロケット
    全長(m)
    ロケット
    直径(m)
    備考
    Minotaur I 米国 580 kg 331 kg NA 36.2 ton 19.2m 1.67m Minuteman II 転換ロケット
    Minuteman II 米国 NA NA 13,000 km 35.3 ton 18.2m 1.7m ICBM
             
    Minotaur IV 米国 1,735 kg NANA86.3 ton23.88m2.34mPease Keeper 転換ロケット
    Pease Keeper 米国 NANA9,600 km+96.7 ton21.8m2.3mICBM
             
    イプシロン 1号機日本1,200 kg450 kgNA90.8ton24.4m2.5m 
    M-V日本1,850 kg
    (2,300 kg?)
    950kg?NA140.4 ton30.8m2.5m 
             
    RT-2PM2ロシアNANA11,000 km47.2 ton22.7m1.9mICBM
    VEGA 欧州/伊 2300 kg 1500 kg NA 137 ton 30m 3.0m 2012年初打上

     これ以上は時間があるときにでも追記しますが、イプシロンロケットは単純な重さや大きさはMinotaor IVとほぼ同じですね。そう考えると結構デカイ。M-Vなんかさらにあり得ないくらいデカイ。継続廃止されるわけです。

     ただ日本の相手国だと、せいぜい6,000kmも射程があれば十分なので、こんなに大きくなくてもいいと思うんですが。まあペイロードの小型化も未知数でしょうから。あとは、弾道飛行と地球周回軌道とかそれによるペイロードの違いとか色々あるんでしょうが、自分的にはこの程度の内容があればとりあえずいいので。


    あとは↑とは関係ないけどなんとなく気になったページ。

    Minuteman III ICBM Launch Animation(音量注意 17秒あたりから)



    ●Google 画像検索 DF-31A
    Chinaの車両に乗せることができる絵が沢山でてくる。



    ●RT-2UTTH Tópol-M




    全画面地図 Google Maps
    GoogleMapを使って「円」ボタンを使うと、ある地点から等距離を円で書いてくれるツール
    (参考までに、東京から1万kmで書いてみた図。米国東海岸は円から外れる)
    20130205-distance-googlemap.png

    こちらは、東京から6,000km ですが中国内陸部もほぼ全て収まります
    20130205-japan-6000km2.gif

    【関連記事】

  • イプシロンロケットの今後の開発スケジュールについて書き起こしてみた



  • このエントリーをはてなブックマークに追加





    このカテゴリの最新記事一覧


    | ―科学ネタ | 22時33分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑















    非公開コメント

    http://kenknown.blog42.fc2.com/tb.php/214-8b9ca647

    ≪ NEXT | PAGE-SELECT | PREV ≫

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。