NEXT | PAGE-SELECT | PREV

【書籍紹介】ヤバクない面白い経済学 (ヤバイ経済学 増補改訂版)


このエントリーをはてなブックマークに追加


 ちまたで噂の本を買って読んでみた。タイトルだけであれば、絶対買わなかったと思うん。なんでかというと、こういった気をてらったタイトルはどうせ、日本の出版社が受け狙いで適当にタイトルをつけたんだと思えるから。
 だけど自分が間違っていた。英語の原題からぶっとんでる。日本語訳のほうがまだ素直かも。

 ・ヤバイ経済学 - 悪がき教授が世の裏側を探検する
 ・Freakonomics - A Rogue Economist Explores the Hidden Side of Everything
  • 序章 - あらゆるものの裏側
  • 第一章 - 学校の先生と相撲の力士、どこがおんなじ?
  • 第二章 - ク・クラックス・クランと不動産屋さん、どこがおんなじ?
  • 第三章 - ヤクの売人はどうしてママと住んでるの?
  • 第四章 - 犯罪者はどこへ消えた?
  • 第五章 - 完璧な子育てとは?
  • 第六章 - 完璧な子育て、その2 あるいは、ロシャンダは他の名前でもやっぱり甘い香り?
  • 終章 - ハーヴァードへ続く道二つ
  • オマケ - 『ヤバイ経済学』増補改訂版での追加
 読んでみてこの教授の研究内容と方向性にすごく親しみを覚えます。理由は私も一つの分野に集中しているよりも、色々なことを手当たり興味の赴くまま調べたりするのが性に合ってるから。後から見てみると、それら内容が相互関係がなさすぎて笑っちゃうこともあります。

 まず第一章。米国全国一斉テストで学校の先生が不正をするのはなぜか。また相撲の力士が不正を行うことを統計的に割り出したこと書かれてます。確かに学校の先生が一斉テストでの生徒の成績に応じて評価が決まってしまうのであれば、不正を働こうとする強いインセンティブが先生に出てしまうでしょう。日本でも似たような全国テストが行われているようですが、さてどうなのでしょうか。
 相撲の話は、千秋楽で8勝の力士と7勝の力士が戦った場合、7勝の力士の勝率が統計的に高すぎるってこと。これだけであれば八百長というよりは訳者あとがきにあるように空気を読んだってのが、納得できます。

 第四章では、1990年代に犯罪者が激減した理由について。私も破れ窓理論が重要だったというステレオタイプ的な結論に納得していましたが、著者は破れ窓理論は犯罪率の減少にはたいして効果がなく、警察官の増員とそれ以上に1970年台以降の中絶の合法化が一番重要な因子だということ。こういう結果を証明するのは難しいのですが、何とかやってしまってるのが、すごいです。日本も江戸時代は実質的に産児制限がされていて人口が増えなかったので、安定した社会だったのかもしれません。あと戦後すぐの優生保護法の影響は日本の人口政策にとって非常に重要な節目だったのはよく知られてますが、犯罪率についても影響が大きかったのかもしれません。

 第六章は、新生児への名付けについてです。ここでへーって思ったことは、
  • アメリカにも子供の名前に、流行り廃りがある
  • 聖書や昔の偉人からとった名前しかないと思ったら、案外なんでもあり
  • 子供の名前で、スペルミスは結構多い
  • DQNネームは世界共通。子供がかわいそうです。

 以上のようなことを統計をとり数字の裏づけをして証明してしまうことに平伏してしまいます。自分にはそんな根気はないから。。。

 あとオマケは、増補改訂版で追加されたもの。教授のブログなんかからとってきた論文にはならないけど、ちょっとしたことを書いたもの。少し読みにくいけど、ブログにありがちな記事のフランクさとおもしろさが入っていてこれはこれで味がありよいですね。


【同じカテゴリの記事】
 ・【書籍紹介】 これはミリオタが読む本ではない! 「戦争と経済学を読んだ感想」
  • [65]: 【書籍紹介】理系サラリーマン「資本論」を読む
  • [64]: 【書籍紹介】理系で経済学に興味ある俺ってどうよ!
    ヤバい経済学 [増補改訂版]
    4492313788望月衛

    東洋経済新報社 2007-04-27
    売り上げランキング : 1088

    おすすめ平均star
    starこれはスタンダードな応用経済学の副読本です
    star統計で物事の常識を覆す
    star経済学:複雑な世の中の見通しをよくする素敵な手段

    Amazonで詳しく見る
    by G-Tools


  • このエントリーをはてなブックマークに追加





    このカテゴリの最新記事一覧


    | 【適当な書籍紹介】 | 13時17分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑















    非公開コメント

    http://kenknown.blog42.fc2.com/tb.php/25-07346c66

    ≪ NEXT | PAGE-SELECT | PREV ≫