NEXT | PAGE-SELECT | PREV

スポンサーサイト


このエントリーをはてなブックマークに追加


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


このエントリーをはてなブックマークに追加





このカテゴリの最新記事一覧


| スポンサー広告 | --時--分 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

高圧縮なHE-AACを、911SHで聞いてみる


このエントリーをはてなブックマークに追加


 911SHでいろいろ検証していたら、2GBのmicroSDが一杯になってしまいました!!
2GBなんて携帯を買い換えるまでの2年間で使いきれる訳がない思ったけど、簡単にいってしまいました。911shはSDHCに対応してないので、2GBがMAX。
 というわけでもないですが、今までffmpeg+faacやiTuneでLC-AAC圧縮してたのですが、同じ音質ならより高圧縮が可能なHE-AACを利用して911SHで聞いてみることにします。

 一応音質の目安は、[MP3(128kbps)] = [LC-AAC(96kbps)] =[HE-AAC(64kbps)]と言われてます。ですので、HE-AACはMP3の2倍の圧縮率で同じ音質となると言われてます。

 使うのは、もちろんNero AAC Codec。 ダウンロードして、解凍したファイルの中にある、neroAacEnc_SSE2.exe neroAacEnc.exeを利用します。 (一応IntelCPUでは、Pentium4、Pentium M、CeleronMを含む、それ以降のCPUで対応です)
(追記:2009/1/6 バージョンアップしてから、SSE2用がなくなり、特にCPUの種類を気にしなくて良くなりました。 ちなみにこの中にLinux用BinaryもあるのでLinuxでもHE-AACのエンコード使えそうです)

 readme.txtを見る限り、オプションも少なくAdvancedオプション(-lc, -he, -hev2など)は推奨されていないため利用しなくてもよさそうです。そのため、-if, -of, -q, -br, -cbr, -2passくらいしか使わないでしょう。(-qや-cbrもいらないかも)
 一応確認した音楽データは2分07秒で、wavで25,876KBあります(windows表示)
 
番号 圧縮方式 容量(KB) ビットレート(Kbps) 圧縮コマンド 個人的感覚(点数)
No.1 wav 25,876KB 1546Kbps - 100点
No.2 LC-AAC(iTune) 2,141KB 128Kbps(CBR) iTuneでGUIで指定 98点
No.3 LC-AAC(ffmpg+faac) 1,535KB 96Kbps (CBR) # ffmpeg -i shinysmile.wav -acodec libfaac -ar 48000 -b 96k -ac 2 shinysmile.m4a 95点
No.4 HE-AAC (nero) 1,093KB 64Kbps(VBR) # neroAacEnc_SSE2.exe -br 64000 -2pass -if shinysmile.wav -of shinysmile.m4a 90点
No.5 HE-AAC (nero) 824KB 48Kbps(CBR) # neroAacEnc_SSE2.exe -cbr 49152 -if shinysmile.wav -of shinysmile.m4a 88点
No.6 HE-AAC (nero) 852KB 49Kbps(VBR) # neroAacEnc_SSE2.exe -q 1.0 -if shinysmile.wav -of shinysmile.m4a 88点
No.7 HE-AAC (nero) 852KB 49Kbps(VBR) # neroAacEnc_SSE2.exe -q 0.2 -if shinysmile.wav -of shinysmile.m4a 88点
No.8 HE-AAC (nero) 443KB 25Kbps(VBR) # neroAacEnc_SSE2.exe -q 0.1 -if shinysmile.wav -of shinysmile.m4a 50点

 911SHは、LC-AACのVBR形式は仕様のため聞くことができないのですが、NeroAACのHE-AACの場合、VBRオプションでもCBRオプションでも911SHでは聞けるようです。
 また-qの値を0.1刻みで指定しましたが、元データのためか0.2以上はファイルサイズが変わらないので、音質も変化してないようです。

 全体の比較として素人的に比べた感じでは No.1,2,3,4,5,6,7の音はほとんど同じに感じました。AAC96kbpsや128kbpsが良く感じましたが気持ち程度。Q値を0.2以上にしても容量が増えないので、元のWAVの音質がそれほど高くないからかもしれません。キャプチャしたものが素材のため、元データが圧縮済みだからと思われます。 
 No.8は聞けなくはないレベルですが、???と思う部分があり、50点。 でも会議録なら無問題!会議でボイスレコーダだと点けたまま何十分とか何時間も録音するから、何気に容量が大きくなる。PCで再圧縮するならHE-AACはいいかもね。

 とりあえず、今回のデータは48kbpsでも必要十分な音質のようなのでOKです。64kなら文句ありません(点数はほとんど気分的なもの)。 携帯電話で聞くだけなら必要十分です。 これで携帯のmicroSDの容量を減らせそうです。 あと、ニコニコのアップにも。。。

とりあえず、readme.txtを参考までに載せます。(最近HDD内のTXTファイル探すより、ブログ見たほうが早い。本当にブログが備忘録になっている今日この頃)

*************************************************************
*                                                           *
*  Nero AAC Encoder                                         *
*  Copyright 2008 Nero AG                                   *
*  All Rights Reserved Worldwide                            *
*                                                           *
*  Package build date: Sep 17 2008                          *
*  Package version:    1.3.3.0                              *
*                                                           *
*  See -help for a complete list of available parameters.   *
*                                                           *
*************************************************************

Usage:
neroAacEnc.exe [options] -if ‹input-file› -of ‹output-file›
Where:
‹input-file›  : Path to source file to encode.
                The file must be in Microsoft WAV format and contain PCM data.
                Specify - to encode from stdin.
                Note that multiple input files can be specified, they will be
                encoded together into a single output file with chapter marks
                indicating source file divisions.
‹output-file› : Path to output file to encode to, in MP4 format.

  ==== Available options: ====

Quality/bitrate control:
-q ‹number›   : Enables "target quality" mode.
                ‹number› is a floating-point number in 0...1 range.
-br ‹number›  : Specifies "target bitrate" mode.
                ‹number› is target bitrate in bits per second.
-cbr ‹number› : Specifies "target bitrate (streaming)" mode.
                ‹number› is target bitrate in bits per second.
                When neither of above quality/bitrate options is used,
                the encoder defaults to equivalent of -q 0.5

Multipass encoding:
-2pass        : Enables two-pass encoding mode.
                Note that two-pass more requires a physical file as input,
                rather than stdin.
-2passperiod  : Overrides two-pass encoding bitrate averaging period,
  ‹number›    : in milliseconds.
              : Specify zero to use least restrictive value possible (default).

Advanced features / troubleshooting:
-lc           : Forces use of LC AAC profile (HE features disabled)
-he           : Forces use of HE AAC profile (HEv2 features disabled)
-hev2         : Forces use of HEv2 AAC profile
                Note that the above switches (-lc, -he, -hev2) should not be
                used; optimal AAC profile is automatically determined from
                quality/bitrate settings when no override is specified.
-ignorelength : Ignores length signaled by WAV headers of input file.
                Useful for certain frontends using stdin.


【同じカテゴリの記事】


B001JI3DZQNero 9 乗り換え・アップグレード版
Nero 2008-12-19

by G-Tools



このエントリーをはてなブックマークに追加





このカテゴリの最新記事一覧


| ―携帯, iPod, PSP 動画変換 | 06時18分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑















非公開コメント

http://kenknown.blog42.fc2.com/tb.php/36-f11aa5a1

≪ NEXT | PAGE-SELECT | PREV ≫

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。