NEXT | PAGE-SELECT | PREV

スポンサーサイト


このエントリーをはてなブックマークに追加


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


このエントリーをはてなブックマークに追加





このカテゴリの最新記事一覧


| スポンサー広告 | --時--分 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

【書籍紹介】 東洋経済 「鉄道革命」 (90点)


このエントリーをはてなブックマークに追加


【書籍紹介】  東洋経済「鉄道革命」 (90点)

 仕事の外出で、1時間くらい電車にのるため暇つぶしに買った雑誌。経済誌で鉄道特集なんてなかなか無い、と思ったのもありジャケ買い。
SUMMARY
原油高、環境問題、渋滞といった難題解決のため、航空機や自動車から鉄道へシフト。今、世界で起きている“革命”を徹底取材した。

40  図 解  
 世界は環境問題、
 都市渋滞に直面。
 鉄道の新しい世紀がやってくる
42  01 陸海空を制圧 !  世界で起きるモーダルシフト
 ロシア 「シベリア鉄道」ビジネスが復活
 パリ―ロンドン 「ユーロスター」航空機を打倒
 スイス アルプス貫く「世界最長トンネル」
 日本 「トヨタ列車」で進むカイゼン
62  02 高速鉄道を獲得せよ !  国際レール争奪戦の衝撃
 中国 大受注合戦の主戦場
 台湾 開業から1年の高速鉄道
 フランス TGV拡大戦略
76 日本 「新幹線新時代」 N700系とファステック・リニア新幹線
80 鉄道ビジネス加速 三菱重工、川崎重工、三井物産、住友商事
86 03 もうクルマはいらない 都市交通の主役が鉄道に替わる
 富山・広島、路面電車で街づくり
 先進国フランス流の都市活性化策
 日本 「第二山手線」開業の余波/日暮里・舎人ライナーの勝算
 ロシア 休日は“新宿化”するモスクワ地下鉄
102 04 過熱する鉄道ブームの現場 “一芸”に賭ける地方鉄道
 地方鉄道生き残りのあの手この手
108 INTERVIEW|ニッポンの鉄道文化と鉄道ブーム 明治学院大学教授 原 武史
 「21世紀型の乗り物は鉄道。新幹線至上主義からの脱却を」
109 日本銀行金融研究所・企画役 宇都宮浄人
 「欧州ではあえて狭い市街に鉄道を走らせ、渋滞を解消させている」
110 100万人突破の鉄道博物館
112 「Nゲージ」にはまる団塊と母親
114 INTERVIEW JR東海会長 葛西敬之
 「アメリカでさえ鉄道が復権する時代が来ます。」
 「日本の高密度で効率的な都市は高速鉄道によって出現した」
 これが新書だったら80点くらいだけど、雑誌だから今を逃せばバックナンバーを買うのは新書より面倒。だから90点。この手の雑誌は普通駅のゴミ箱ゆきですが、この号は保存しよう。

 電車の中で85ページまで読み進め、もう終わりだろう。疲れたから寝ようと思いもう一枚めくったらまだ続きが・・・。目次をみたら、全部で11xページまである大特集だった。結局最後まで読んでしまった。

 内容は目次をみてのとおり、海外、国内、高速鉄道、地方鉄道、都市交通、貨物輸送、Nゲージ、博物館ともりだくさん。 締めが葛西会長のインタビュー。
 ほとんどの記事がちゃんと書いてあって面白いのだけど、一つあげると、台湾と中国と、今後の新興アジアの高速鉄道。最近は怠ってましたが、特に台湾新幹線が開業する前後半年の計1年くらい、こちらのまとめサイト 台湾高鉄のサイト(日本語版も充実してきたな!) や鉄道ジャーナルの記事(斉藤さんのコラムはもちろん必須)をチェックしてました。  そのため、東洋経済に書いてある内容は欧州仕様の問題、分機器の問題、JR東海の撤退など既知の話が多かったけど、上手くまとまってて良いですね。開業から1年以上たって安定運用に入りました。まだ、乗車率が少ないですが、乗客数は大幅な伸びは無いものの順調に増えてきており経営的にも悪くないのでしょう。あとは大きなトラブルもなく、いってくれることを願うだけです。

 中国への車両の輸出ですが、この記事では日本勢が優位にたっているとのこと。今後、コピー天国の国にどう売るかですね。確かに葛西会長のいうように売らない、教えない、関わらないというのもお人よしな日本人の選択としてはベターですが、売らななければ成らないという浅はかな指摘もどうかと。ここは中国人と日本人のビジネススタイルの問題ですからね。結局、日本製がほしいのだろうから、売るほうが強気な交渉ができればよいですね。ただ、この記事にあるようなドイツの事例のようになても困るし。。(高値でふっかけ、入札負けして、最終的に相当安値で販売)。

  あとはアジアやその他地域の高速鉄道案件を日本勢がどこまでがんばれるか。アジア各国は台湾や韓国を他山の石にできるし都市の形態も似ているので日本優位ですが、その他地域でがんばってほしいですね。そういえばイギリスは日立から高速鉄道車両買いましたが、やっぱり独仏から買いたくなかったからでしょうか?

 話は変わりますが、基本的に私はインフラ好きのようで、さらに経済とからませた記事がでてくれるのは単純にうれしい。鉄道ジャーナルがたまにこの手の記事をかくので、もっぱら読むのはジャーナル(定期購読まではしてないけど。。)
 鉄オタにもジャンルがあるらしく、時刻表、車両、写真、旅などいろいろあるらしいです。さて私はどれに入るのでしょうか・・・っていうか鉄オタとは思ってないです。  
 あと、この号には、「東芝 西田式「決断」と「思考法」 」なる記事も載ってます。確かに最近の東芝は 経営的に大きな決断が多いですね。
HD DVD事業終結会見を開くことにした。ただし、NAND新工場投資との抱き合わせ会見である。ネガティブな印象を相殺する目的のあからさまな奇手だが・・・
HD DVD撤退とNAND拡張の同時発表に対するコメントは、当時同じこと思った。納得ですw

点数の基準 0-39点:買う必要なし ・40-59点:その分野に興味のある人、専門化ならかう価値があるかも。それ以外の人は買うメリットは余りない。または価値はあるけど高すぎる ・60-79点:買う価値あり。少なくとも 買った値段分の価値はある。 ・80-89点:買う価値あり。元はとって余りある。 ・90-100点:面白すぎ!! こんな値段でいいの??
【最近の書籍紹介】


このエントリーをはてなブックマークに追加





このカテゴリの最新記事一覧


| 【適当な書籍紹介】 | 21時00分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑















非公開コメント

http://kenknown.blog42.fc2.com/tb.php/37-597ba95e

≪ NEXT | PAGE-SELECT | PREV ≫

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。