NEXT | PAGE-SELECT | PREV

スポンサーサイト


このエントリーをはてなブックマークに追加


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


このエントリーをはてなブックマークに追加





このカテゴリの最新記事一覧


| スポンサー広告 | --時--分 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

今週の気になるニュース(2008/05/11)


このエントリーをはてなブックマークに追加



20080510-carray400

カテゴリ【今週のニュース】
今週も、個人的に気になったニュースをピックアップ


耳コピをソフトウエアが自動で? (河合楽器)
(CDなどから音楽データをソフトに入れると、自動的にMIDIにしてくれるらしい。 なんと鼻歌までMIDIに変換してくれるそうで・・・・・ って何に使うんでしょw。 これを使えばDTMの最初の敷居がぐっと下がりますね。)

SaaS版「電車でGO!」?――富士通らのフルHD鉄道運転シミュレータ (RBB TODAY)
(わざわざSaaSなどに紐づけるまでもないのでは? 間違ってはないけど)

究極のサバイバル・ツールを求めて:画像ギャラリー(Wired JAPAN)
(災害時に、本当に使えそうなものからネタ系まで、各製品のメリットとデメリットを紹介。)

核戦争の最大の懸念は放射能ではなく紅茶不足、50年代の英公文書(AFP BP NEWS)
(お約束なエスニックジョークということでw)

「魅力」を売るクールな日本(上)(下) (朝鮮日報)
 (ソフトパワーなる言葉がありますが、欧米は貴族文化を庶民用にカスタマイズしたもの。江戸以降の日本は庶民が自ら作り出した文化。 韓国はドラマを輸出してますが、現代恋愛物だったり王侯貴族の料理人だったりですよね。 韓国は世界中の他の国に比べれば経済力もあるし歴史もあるほうだと思いますよ。ただ、中国と日本が隣にあるってのが痛い。)

「日本のカレーライス」を熱愛する米国人記者が語る『ゴーゴーカレーNY店』(Wired JAPAN)
 (日本のカレー愛しすぎです! スシ、ゲイシャ、カブキなどは江戸時代の庶民文化が時間とともに高級化したもの。それを昔は海外に日本文化として紹介していた。 今はカレー、カキピー、フトンもそうですが現代日本人が当り前だと思っている庶民文化も海外に受ける時代ですね)

大前研一: わたしがリニア新幹線を支持する理由 (Safty JAPAN)
 (高揚感。自分もそう思います。 ただ世界的に大前氏が少年・青年の時みたいに科学に全能感がある時代ではないですよ、現代は。 閑話休題、自分の中の男の子回路的に、リニアは余りキュンキュンしない。MRJはキュンキュンする。 次世代スパコンはキュンキュンどころか怒りすら覚える。 

 仮にプロジェクトが上手くいったとして世界のトップに立てるかといえば、リニアはOK、MRJは普通、次世代スパコンも普通。 ということはリニアはやった方がいいかな。
 でもリニアでやるなら500km/hとはいわず倍の1000km/hくらいにしないとダメ。それならキュンキュンする。 音の壁があるから旅客機並みの亜音速くらいはやってほしい。 そして伊丹-羽田をなくして羽田の発着枠を空けよう!!その時には北海道新幹線もできてるから、さらに羽田が空くね。

 なぜリニアがキュンキュンしないかというと、新幹線0系の時代はさておき今の新幹線は300km/hが普通。北海道新幹線スレを見ると、新幹線の営業運転でも400km/hは不可能ではないとかTGVで500km/h出してるなんて話を聞くと、わざわざリニア作って500km/hってのもね。それなら騒音の心配のない大深度地下に500km/hの鉄道でもいいじゃん。その方が既存技術の延長でできるし。 JR東海的にはリニアへの意地とサンクコストがあるから無理だろうけど。)

東シナ海のガス田共同開発、日中が合意へ(朝鮮日報)
 (パンダでいろいろ騒がれてますが、他にも色々合意がされてるようです。 お互いの外務省がお土産用にたくさん仕込んでいたみたいです。)


カテゴリ【今週のニュース】


このエントリーをはてなブックマークに追加





このカテゴリの最新記事一覧


| 【今週の気になるNEWS】 | 00時00分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑















非公開コメント

http://kenknown.blog42.fc2.com/tb.php/49-7abf0040

≪ NEXT | PAGE-SELECT | PREV ≫

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。