NEXT | PAGE-SELECT | PREV

アクセス1万回記念: ブログ開設から感じたこと (前篇)


このエントリーをはてなブックマークに追加


金運上昇 20万円札束扇子「至宝の風」 縁起担ぎに パーティグッズに 開運
Amazon: 金運上昇 20万円札束扇子「至宝の風」
縁起担ぎに パーティグッズに 開運

 今年1月後半のブログ開設から、約4か月半ほどたったのですが、6月7日23時頃にカウンターのアクセス数が一万をとなりました。思えば短い間でしたが、ブログを書くようになりいろいろ思うところが多くなりました。

 大きく2つの点について書こうと思います。
 1つ目の前篇では、前回はおなじようなことをアクセス 5000回記念でも書いたのですが、その時から追加や訂正することも含めて、書き直したいと思います。
 2点目の後編では、アクセス解析についてです。このブログはFC2アクセス解析と、GoogleAnalysisの両方を使っています。そこでそれらでの統計情報を見て思ったことを書いてみたいと思います。




 

ブログを書き始めて感じたこと

 以前のアクセス 5000回記念でも似たようなことを書いた覚えがありますが、再度確認したいと思います。


●youtubeやニコニコの動画を貼ると視聴時間が伸びる●
 これも考えれば当然だけど、最初は一部のエントリーだけ平均滞在時間が長いのが理解できなかった。


●アマゾンはクリックされない●
 私のブログでアクセスの多い記事自体が、余り商品紹介に向いていないのでしょうがないと思ってます。お金を稼ぐことはブログを始めた当初から予定には入ってなかったのでまあ良いでしょう。ただし、私は結構新刊を紹介することがありますが、よく考えたら新刊は出たばかりのため本屋で簡単に購入することができます。 わざわざ私のサイトからAmazon経由で買うまでもないのでクリックするまでもないですよね。実際私もそういう傾向があります。
 もちろん、Amazonの商品をたくさん並べるなど少しやってみましたが、はっきり言って効果がないどころか、表示が重くなるだけになったため止めました。

 とはいえ、5000アクセスまでは1件も売れませんでしたが、その間に1冊だけ購入していただけました! 最初の給料以上にうれしいかもしれないです。
 本自体はだいぶ前に販売されていたものなので、当然新刊ではありません。普通に本屋にいっても売ってないでしょう。Amazonの特性はロングテールなので、売れ筋の新刊をここで紹介しても類似サイトは山ほどあるので、このサイト経由でわざわざ買うわけないですよね。

 話は戻して、その貴重な一冊目を買っていただいた方には申し訳ありませんが、新品でなく100円位の古書だったためこちらには3円しか入らないのは少しさびしかった orz。 これも古い本ならではですね。


●ニュース記事は読まれない●
 最近は毎週日曜に、今週の個人的に気になったニュースを書いていますが、ほとんど読まれた形跡がないです。 こういうものは旬が大事なので、トップページからよんで終わりの可能性もありますが、トップページのアクセス自体が多くないので、その可能性は薄そうです。
 週刊ニュースはやめようとも思ってますが、始めた動機を考えると方向性は変えても続けた良いことは理解してます。理由は3月くらいに更新が滞った時期がありました。特に書くこともなく、何となくこのまま更新が面倒になり止めてしまう恐れがありました。そのときふと思ったのがまとめニュースなら定期的に書けそうだし、ネタ集め自体も難しくないと感じたからです。(実際そう思います)。
 ただし、アクセスはない。他の個人のニュースサイトとの比較から理由として以下の点が考えられます。
     
  1. 2chのまとめサイト
  2.  
  3. 内容はただのコピペだが、更新頻度が半端じゃない
  4.  
  5. 独自ソースを持っている
  6.  
  7. 他国語サイトの翻訳
  8.  
  9. 実は個人じゃない

  10. 1:
    私は2chに書き込んだことがないくらいなので、これは無理(何気に2chネタはあまり知らない)
    2:
    週1回では話になりません。
    3:
    仕事では、業務関連のサイトで公開ニュースのまとめを毎週社内でメール配信してますが、さすがに個人ブログでそれはできない。ディープな趣味をもってれば趣味の内容で可能かもしれませんが、そのようなものは持ってないのでこれもできない。
    4:
    仕事での週刊ニュースメール配信では英語のサイトが7割。ただ仕事以外の分野で英語ニュースを集めるのは結構しんどい。また自分が興味ありそうなネタの場合はたいてい商業ニュースサイトが既に翻訳してます。そのスピードにはさすがに勝てない。
     また、先日あるA社のセミナーがあって日本法人の社長やUSの責任者が来て発表していました。よくある光景ですが当然のようにメディアの方々も前の席に陣取っていました。そのセミナーは13:00からでしたが、2人くらいの発表が終わった時点でメディアの方々はソソクサと退席します。3人目の人はA社の人ではありませんが業界では有名人だったのですが・・・。

     その後、会場の休憩時間に会社のメールでも見ようとネットにつないだら、今いるセミナーの基調講演が既に長文ニュース記事になってるんですよね。早すぎですよ。

    5:
    残念ながら一人です。

     こう上げてみると、どれも当てはまらない。
     しいて言えば、ストレージ系は仕事とはそれほど関係がなく興味があるから、なんとか英語サイトから持ってこれなくもないけど、これも商用サイトがたいてい紹介してることが多いです。またニュース自体も週に10個もなく数個や0もざらにあるから、週刊化は厳しいな。でも試せるなら試そう。

     色々考えたけど、とりあえずは現状維持でいきます。そうしないとブログが休眠化しそうだから。週刊ニュースをどうするかはいろいろ試してはいきます。


    ●書籍のまとめも読まれない●
     これはニュースにもいえるけど、ニュース以上にひとつの書籍をちゃんとレビューしたほうがアクセスがある。まだ読んでもらえる。これも続けるかどうか思案中。


    ●911shネタは減少傾向●
     2月から3月にかけて閑古鳥状態が急にアクセスが伸び始めました。さすがに現在は911shの販売も終了してアクセスがだいぶ減りました。 現在販売中のものや販売開始してすぐのものは食いつきが多いですね。


    ●911shネタの減少に伴いYahooからのアクセスも減少●
     このサイトは、アクセスのほとんどがGoogle経由なのですが、Yahooからは殆どが911shの検索ワードでしか来ません。
       これはYahooな人とGoogleな人のITリテラシーの差と考えても良さそうです。また、こういった傾向を見てYahoo検索には自社サービスへの誘導の懸念がわきました。
     とはいえGoogleも検索上位をオークションするくらいですから、それ自体は今さら問題視してもしょうがない。
     

    ●要は、まじめに記事を書きましょう
     時間をかけて考えた記事は読まれる。まじめに書いた記事でもアクセス数が異なるのは、記事の内容が一般受けするかニッチかの違い。
     まじめに書いたつもりがなくてもアクセスされるのであれば、それは自分が特異点だということ。


    ●分店問題●
     以前ブログの分店問題について書きました「ブログのカテゴリは修正するべきか」
     当時に比べてタイトル数も増え、懸念どおりぐちゃぐちゃになってきました。さてどうしたものか。
     一応、超整理法の解決策の一つとして時間順に並べるというものがあるので、とりあえず時間順の目次を作りました。
     ただし、超整理法はあくまで個人で使う方法なので、Blogのような不特定多数が見る方法では時間軸は最善ではないんですよね。その場合は図書館のようなタグ付けが必要ですが、ブログの場合はタグ(カテゴリー)付けは一つだけ。ニコニコやはてなのように、タグを複数つけれればいいのだけど。(FC2ブログのタグはFC2内のすべてのブログに共通なので、このこのブログ内だけというのはないようです)
     どちらにしろ個人ではタグ付けも結構手間なので、何かいい方法はないものだろうか。


    ●文章が崩壊している●
     私の悪い癖ですが、日本語でおk的な文章ばかりだということ。
     消したり書いたり、コピペしてると日本語の文章として変になる。typoは普通にある。あとは、助詞でつないで長大な文になりがちで、しかもセンテンスの最初と最後で言ってることが変わり意味不明になります。
     これらは、しっかり推敲すればかなり防げることですが、推敲していると気分が悪くなり、あまり推敲できないんです。最近は多少気をつけるようになったのは、ブログ書くようになって進歩したことですが、癖は簡単にはなおらない。

     また書評などでよくあるのは紹介というより感想になっています。紹介は難しい。またネガティブな性格を反映して読んでて気持ち悪くなる。こんな文章を誰が読みたいのか。



    関連記事


このエントリーをはてなブックマークに追加





このカテゴリの最新記事一覧


| 【お知らせ】 | 01時26分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑















非公開コメント

http://kenknown.blog42.fc2.com/tb.php/67-98fbb5eb

≪ NEXT | PAGE-SELECT | PREV ≫