NEXT | PAGE-SELECT | PREV

スポンサーサイト


このエントリーをはてなブックマークに追加


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


このエントリーをはてなブックマークに追加





このカテゴリの最新記事一覧


| スポンサー広告 | --時--分 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

【Linux小技】 rootユーザでtelnetログイン


このエントリーをはてなブックマークに追加



最近のRedHat4やRedHat5や、CentOS4や5では、セキュリティが厳しくてtelnetが使えない。でもどうしても、telnetでrootログインしたいときの設定。セキュリティ? そんなの関係ねーって人専用。

カテゴリ【知ったか考察―Linux小技】




一応、RedHat EL4、CentOS4では確認。 まず、telnet-serverがないとログインできないので、インストール。(XXXはバージョン)
[root@server01 ~]# rpm -ivh telnet-server-XXX.rpm



chkconfig を設定して、xinetdをリスタート。
[root@server01 ~]# chkconfig telnet on
[root@server01 ~]# service xinetd restart

これで、一般ユーザはtelnetログインできるようになります。



ここからは、rootでtelnetログインできるようにする設定

/etc/securettyに追記。ptsのコンソールポートをとりあえず3個ほど追加
(securettyは、rootがログインできる方法を記入します。デフォルトではtelnetは入ってないので、一般ユーザでログインできても、securettyが設定されてないとrootログインできません。
この場合、rootでのtelnetログインの同時セッション数は3になります)

[root@server01 ~]# echo "pts/0" >> /etc/securetty
[root@server01 ~]# echo "pts/1" >> /etc/securetty
[root@server01 ~]# echo "pts/2" >> /etc/securetty



再度、xinetdをリスタート
[root@server01 ~]# service xinetd restart





CentOS5ではさらに/etc/pam.d/remoteを修正する必要がある。
【修正前】
auth required pam_securetty.so

【修正後】
# auth required pam_securetty.so #この行をコメントアウト



以上



カテゴリ【知ったか考察―Linux小技】



●はてなの中の人が書いてる、経験に基づいたWebシステム運用の本だから、実用的でマジでオススメ。 システム管理者の人に
4774135666[24時間365日] サーバ/インフラを支える技術 ~スケーラビリティ、ハイパフォーマンス、省力運用 (WEB+DB PRESS plusシリーズ) (WEB+DB PRESSプラスシリーズ)
安井 真伸
技術評論社 2008-08-07

by G-Tools





このエントリーをはてなブックマークに追加





このカテゴリの最新記事一覧


| ―Linux | 01時00分 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

こんにちは

本質ではまったくないんですが。

# services network restart

# service network restart

ですね。

| 名無しさん | 2013/05/25 19:35 | URL |

service

ありがとうございます。
修正しました

すみません。いつもは
/etc/init.d/network restart
ってやってしまうので、あまりservice コマンドって使わないんですよね。。。

| kenchan3 | 2013/05/25 20:08 | URL |















非公開コメント

http://kenknown.blog42.fc2.com/tb.php/71-057e6bfe

≪ NEXT | PAGE-SELECT | PREV ≫

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。